前進への道 - データ分析を社内で拡大する実用的なロードマップ


概要: 

データの世界では、その兆候を感じていない人はいないでしょう。近年、扱うデータ量は急速に増大し、その種類も多様化しました。そのため従来のワンストップのデータ ウェアハウスは時代遅れになっています。それにも関わらず、多くの企業が依然としてデータ ウェアハウスの構築に大きな工数をさいています。ユーザーフレンドリーな使い易い技術を導入しているビジネスユーザーは、データを直接使って作業できる環境を必要としています。Driveでは、データのインタラクティブな操作を実現しています。これは数年前では想像もできなかった技術です。 この技術の変化は驚異的であり「制御不能」であるようにさえ思えますが、 そんなに恐れる必要はありません。

従来の方法では展開に長期間を要していましたが、Driveではより高速で効率的である反復的なアジャイルメソッドを採用しています。この実装方式は、IT部門とビジネス部門に新しいパートナーシップを築くことになるでしょう。

Driveを利用することで、IT部門はトレーニング、セキュリティ、データの準備など、IT本来の作業に集中できるようになります。 ビジネス部門のユーザーは、IT部門が定義したフレームワークに従ってデータ分析を行い、自らの疑問に対する答えを得ることができます。

IT部門は「運用の中心」を担います。

  • セキュリティとガバナンス
  • データ取得、準備、プロビジョニング
  • イントラネットでのWiki、コミュニティソフトウェア、サービス
  • Tableau Server展開、設定、保守
  • Tableau Desktop担当者

ビジネス部門は「エバンジェリズムの中心」を担います。

  • レポートおよびダッシュボードの作成
  • プロモーション、ベストプラクティスの開発
  • トレーニングとチュートリアル
  • エバンジェリズム

続きを読む...

こちらもご覧ください