ビッグデータを理解する


概要: 

中小企業向けガイド

「ビッグデータ」という用語は、巨大なデータウェアハウスを連想させます。いったい何をビッグデータと呼ぶのでしょうか。今日、大小を問わずさまざまな企業が膨大な量のデータを扱っています。ビジネスユーザーはそのデータを利用して迅速に意思決定を行い、ビジネスにおいて他社との差をつけようとしています。
この eMagazine では、中小企業がどのようにビッグデータを扱っているかを紹介します。どんなビッグデータをかかえて、どのようにアクセスしているのでしょうか。さまざまなスキルレベルのチームは、どのようにデータロックスターに変わっていたのでしょうか。データの有効利用に成功した、イギリスのカラオケチェーン、アリゾナ州のマーケティング会社、ワシントン D.C. で政治キャンペーン専門のメディア会社を例に紹介します。

  • 見逃すことのできない傾向を見つけるための3つのヒント
  • データビジュアライゼーションが現代の経済で欠かせない理由
  • 中小企業内のビッグ データの状態
  • 優れたデータ ダッシュボードを構築するための5つのヒント

本ページではホワイトペーパーの一部をお読みいただけます。全ページをお読みいただくには、右にあるボタンで PDF をダウンロードしてください。


洞察による勝利:
見逃すことのできない傾向を見つけるための3つのヒント

個人事業主から数百人の従業員がいる中規模企業まで、「中小企業」には多種多様な会社が含まれます。 共通しているのは、機会、リスク、成功のチャンスに満ちた世界があり、環境が絶えず変化しているということです。多くの場合に御社を競争他社から差別化するのは、御社がどれほどすばやく機会を見つけるかということです。 御社が必要な洞察に近づくための主な方法として、3 つのヒントがあります。

1. 自身を強化する

これまでは直感に頼っていて、データを掘り下げて傾向を調査することはほとんど不可能か、無限の時間がかかるように思えるかもしれません。データをすばやく分析して視覚化できる直感的で堅牢なセルフサービス式のデータ分析ツールを使用することにより、状況を制御してください。調査するデータをポイントし、表示する情報をドラッグ アンド ドロップします。直感はすばらしいものですが、知っているほうが優れています。データのクエリを誰かに依存したままであれば、おそらく競争他社に打ちのめされてしまいます。

2. データを操作する

いったん傾向や外れ値が見えてくると、深く掘り下げたくなります。これにより、手元にある機会を完全に理解するために重要な多くの疑問が引き起こされます。その疑問を投げかけ、答えを即座に得ることができます。適切な分析アプリケーションを使用することにより、調査している情報をすばやく表示するだけでなく、より掘り下げてクエリすることが可能になります。全体像を理解して満足するまで、データを掘り下げてください。時系列グラフからヒート マップに切り替えると、新しい視点が得られます。関連するデータをブレンドすることにより、別の方法では得られないコンテキストを実現できます。すべての作業を数分で行った後、得られた洞察を活用して活動を開始できます。

3. チームと協力する

機会や外れ値を識別することは最初のステップですが、同僚と協力するときに、アイデアはより強力になります。リアルタイムで質問して回答を得ることのできる分析アプリケーションを使用することにより、多くの同僚の知恵をすばやく活用してアイデアをより良いものにできます。独自の分析を行うために必要なツールで自分を強化し、識別した機会を完全に理解するまでの過程で必要な答えを得てください。御社を際立たせるには、直感だけでは不十分です。

さらに詳しく読みたい方は、ホワイトペーパーをダウンロードしてください。

続きを読む...

こちらもご覧ください