企業における分析への新しいアプローチ

従来の「レポート生産工場」は急速に陳腐化しつつあります。大規模な組織はセルフサービス分析への移行を進めており、事業部門と IT 部門のどちらのニーズも満たすガバナンスに対して、持続可能でしかも長期的なアプローチを求めています。事業部門のニーズは、重要な意思決定を後押しするデータにリアルタイムでアクセスすることです。IT 部門では、データを監査および管理して、拡張できるようにデータの正確性、セキュリティ、ガバナンスを確保する必要があります。従来の組織で働く人々のわずか 8% しか自分の質問に自分で答えを出せていないという事実を考えると、分析戦略を詳しく見直す時期に来ています。

この 45 分のオンラインセミナーでは、次の内容を取り上げます。

  • ビジュアルデータ分析によりスピード、価値、正確性、コラボレーションがもたらされ、分析の文化が生まれる
  • 先進的な企業では、IT 部門と事業部門の間にある壁を取り除いている
  • エンタープライズ向けのセルフサービス分析ツールへ移行することで、事業部門と IT 部門の両方に能力を与える
企業 IT オンラインセミナーシリーズの一覧や、現代の企業の IT についても詳しくご覧いただけます。

メインスピーカー: 

Keiko Iizuka (飯塚桂子)

シニアプロダクトコンサルタント

こちらもご覧ください