開催中の TC18 で、Tableau 2019.1 ベータ版がリリースされました。以下がそのハイライトの概要です。

  • Ask Data — Tableau の新しい自然言語機能により、ユーザーは自然言語を使用してデータに関する高度な質問を簡単に行うことができます。質問を入力すれば Viz が表示されます。
  • Tableau Prep Conductor — Prep フローをスケジュールおよび管理できる、Tableau Server または Tableau Online の新しいアドオン製品です。毎朝、新しいデータを利用できます。
  • Tableau Mobile アプリ — 新たに再設計された Tableau Mobile アプリをご利用ください。最も重要な Viz をオフラインで操作できます。
  • PowerPoint にエクスポート — この四半期の後半にリリースされるベータ版 2 では、ダッシュボードを静的な PowerPoint ファイルにエクスポートできるようになります。もちろん、ワンクリックで Tableau ダッシュボードから PowerPoint のスライドに移動できます。
  • Google AdWords コネクタ — 新しいコネクタで、広告の指標を Tableau に取り込めます。
  • また、データ主導アラートの新たなサブスクライブ方法や、さらに多くのダッシュボード機能も利用できます。

データに関する質問を自然言語で

Tableau 2019.1 では、「Ask Data」機能が利用できます。パブリッシュされた任意のデータソースに、平易な言葉で質問できるようになりました。質問を入力すると、ビジュアライゼーションの形で答えを得ることができます。「Ask Data」機能は、データ分析の最も簡単な方法です。ドラッグ & ドロップする必要もなく、データ構造の微妙な違いを理解する必要もありません。

データソースを探索する際に「Ask Data」機能を利用すれば、簡単に質問を絞り込み、ビジュアライゼーションのタイプを変更し、分析を Tableau ワークブックとして保存することができます。「Ask Data」で、並べ替え、フィルター、集計など、Tableau の強力な分析機能を活用できます。たとえば、「家具の月次売上」といった質問ができます。これはシンプルな質問に思えますが、Tableau はその裏で売上合計を集計し、カテゴリーに関するフィルターを追加し、月ごとにデータをグループ化し、結果を折れ線グラフで経時的に表示する、という作業を自動的に行っています。また、「Ask Data」では「最も早い」や「最も人気のある」などの漠然とした言葉や、不完全な質問文を理解します。

「Ask Data」は Tableau Server および Tableau Online に統合されており、ライブまたは抽出を問わず、パブリッシュされた任意のデータソースと連携します。各データソースを定義するデータモデルは、定義、計算、組織独自の類義語によってすぐにカスタマイズできます。この機能は、Tableau Creators と Tableau Explorers のお客様、および Tableau Online、Tableau Server をすでにご利用で保守契約をお持ちのお客様が無料で使用できます。

セキュアなサーバー環境で Tableau Prep フローをスケジュールおよび実行

4 月に Tableau Prep をリリースして以来、Tableau Prep フローを実行するスケーラブルで信頼性の高いセキュアなサーバー環境の実現に向けて取り組んでまいりました。そして、Tableau 2019.1 より、Tableau Prep Conductor を使用することでそれが実現します。Tableau Prep Conductor は、Tableau Online と Tableau Server へのアドオンとして別途購入していただくことで、今回リリースしたベータ版で利用できます。Tableau Prep アプリケーションで作成したフローを、ブラウザからスケジュールおよび実行できます。

スケジュールすることで、チームは準備されたデータを確実に受け取ることができ、また実行履歴によってスケジュール履歴を確認できます。Tableau Prep Conductor は Tableau Server および Tableau Online に基づいて構築されているため、すでにご存じのユーザーパーミッションおよび管理と同じものが使用されます。

再設計された Mobile アプリでどこでもコンテンツを利用

iOS および Android でさらに直感的に利用できるよう、Tableau Mobile も完全に再設計しました。

お気に入り機能で、最も重要なダッシュボードを簡単に見つけることができ、デバイスがオフラインの状態でも、お気に入りに登録したダッシュボードを操作できます。 接続状態に関わらず、Viz のスクロール、ハイライト、ツールヒントの確認ができます。統合された強力な検索機能で、プロジェクトを閲覧して特定のコンテンツを見つけることもできます。また、Tableau Mobile をさらにセキュアに利用できるようにしました。ログインには、Touch ID や Face ID など、生体認証を使用します。

PowerPoint へのエクスポート機能、アラート、Google AdWords でデータをさらに活用

また、このベータ版では (これは #DevsonStage としてもうれしいことですが)、PowerPoint にエクスポートできます。この新機能により、データを簡単にプレゼンテーションに取り込むことができ、Viz を高解像度の画像として、Tableau Server または Tableau Online から PowerPoint にエクスポートできるとともに、ワークブックへのリンクを付けることができるようになりました。1 回のクリックで、Tableau ダッシュボードを直接プレゼンテーションに統合できます。

Tableau 10.3 で最初に導入されたデータドリブンアラートにより、営業チームがノルマを達成した場合や、IT がクリティカルなイベントに対応する必要がある場合には通知されます。それらを表示する新しいビューでは、見ている Viz に関してすでに存在しているすべてのアラートが表示されるため、より便利で分かりやすくなっています。サイドパネルの [自分を追加] を選択することで、アラートに自分自身や他のユーザーを追加することができます。

また、Google AdWords データから詳細なインサイトを取得できます。この新しいネイティブのコネクタで接続し、Tableau で広告の指標を分析できます。

最新製品の開発にご協力ください

Tableau 2019.1 をリリースできたことを嬉しく思っていますが、まず必要なのは皆様からのご意見です。早い段階でフィードバックをいただくことにより、問題点を見つけ新機能を最高の質で提供することができるようになります。ベータプログラムの進捗に伴い、ベータ版および Tableau 2019.1 の最終版に含まれる機能は、随時変更される場合があります。

次の内容にご興味がある場合は、Tableau プレリリースコミュニティにどうぞご参加ください。

  • アルファプログラムとベータプログラムに参加して、新しい機能やバージョン、製品を早い段階で試す
  • ユーザー調査、製品に関するディスカッション、関心があるトピックに対するフィードバックを通じて、Tableau の開発チームと直接コミュニケーションを取る
  • アイデアフォーラムでは、皆様のフィードバックに基づいて導入された機能をご覧いただけます。開発チームがお客様の声に耳を傾けておりますので、機能のリクエストを今後もどうぞお寄せください。お客様あっての Tableau です。

Coming Soon ページでは、現時点のベータ版の全機能と今後のリリースで予定されている機能をご覧いただけます。ベータプログラム期間中は、この Web ページでご紹介する関連情報や詳しいビデオなどを随時更新する予定です。

上記の機能のすべてが現在のベータプログラムでご利用いただけるわけではありません。一部の機能は、今後、数週間以内に追加される可能性があります。ベータプログラムは、すでに Tableau をお使いいただいているお客様を対象として実施されます。

こちらもご覧ください

ブログの更新情報を受け取る