ビジネスの見方を変える


複数の製造施設の操業実績を見てみましょう。 右上にその施設の詳細な欠陥情報が示されています。 右下には、時間の経過に伴うその施設の製造量 (棒グラフ) と欠陥数 (円) が示されています。 一般的に欠陥数がどれほど多いと、その後の数日間の製造量が低下するのかがよくわかります。 ダッシュボードをクリックすると、実際に施設の詳細をドリルダウンすることができます。

ビジネスデータの表示は業績の理解と向上に役立ちます。 Aberdeen Research 社では、エンタープライズリソースプラニング (ERP) およびビジネスインテリジェンス (BI) の両方を採用している企業の場合、操業実績を定期的に計測し修正処置をとる傾向が同業他社と比較して 38% 高いことが分かりました。 BI と ERP のデータを使用することにより、問題を予測し、新しいトレンドを理解できます。またアカウンタビリティーとともに業績を促進することができます。