インタラクティブなデータで従業員と顧客の両方を満足させている Merkle 社


Tableau: 最初に Merkle での Tableau の使用状況についてお聞かせください。
上級ビジネスインテリジェンスアナリストの David Andrade 氏: Merkle はマーケティング企業なので、使用するキャンペーンダッシュボードはたくさんあります。キャンペーンパフォーマンスのダッシュボードです。 実際にダッシュボードを構築するときに、Tableau を使用すると効率性を維持するのに役立ちます。 Tableau でモックアップを何度も作成しました。というのも、Tableau を使用するとモックアップを非常に素早く作成できるからです。

Tableau Server を使用すると、クライアント用のダッシュボード作成を自動化できます。これにより、特定のユーザーは、レポートの作成ではなく、インサイトを得るためにより多くの時間を費やすことができます。

Merkle では Tableau Server を主に外部クライアント用に使用しています。これは、Merkle が多くのクライアントと日常的にやり取りしているためです。 また、社内でも Tableau を使用しています。 そのため、Merkle では Tableau でオペレーションレポートを作成したり、パフォーマンスレポートを作成したりします。

Merkle ではあらゆる種類のデータを扱っています。 ビッグデータもミディアムデータも、スモールデータもです。 すべてのデータに対応しています。 それらのデータのどれも、他のデータと同じように重要である可能性があります。 そのデータを実際に調べるために Tableau のようなツールに入力します。Tableau は、本当に役立つツールです。

Tableau: 素晴らしいですね。 大口のクライアントとの取引がありますが、大量のデータ分析が必要なのではないでしょうか。
Andrade 氏: Merkle ではあらゆる種類のデータを扱っています。 ビッグデータもミディアムデータも、スモールデータもです。 すべてのデータに対応しています。

それらのデータのどれも、他のデータと同じように重要である可能性があります。そのデータを実際に調べるために Tableau のようなツールに入力します。Tableau は、本当に役立つツールです。

Tableau: 通常、どのようなデータソースに接続していますか。
Andrade 氏: Merkle では、複数の異なるデータソースに接続することができます。 通常は Tableau を SQL Server に接続しています。ただし、Excel ファイルやテキストファイルも使用して作業しています。 社内では Tableau を Salesforce に接続しています。 Tableau を使用すると可能性が無限に広がります。 データさえあれば、構築することができます。

Tableau: 異なるデータソースのデータをブレンドしていますか。
Andrade 氏: はい。 接続できるのは自分のデータソースだけです。たとえば、「では、このデータソースからこのデータを取り出し、あのデータソースからあのデータを取り出して、2 つのデータをブレンドしよう」と言うことができます。これを本当に素早く簡単にできます。

Tableau: Tableau Server を使用してそれらのダッシュボードを共有していますか。
Andrade 氏: Tableau Server は、顧客がオンラインでデータを見て分析できるようにする、非常に優れたツールです。 ライブ接続も、データの抽出も可能であり、データのスナップショットも作成できます。 また、これはエンドユーザーがデータを取得し、データを使って必要なことを確認して、ビジネス上の意思決定を開始するための簡単な方法です。

Tableau: この方法でダッシュボードを共有するメリットとはどのようなものでしょうか。
Andrade 氏: ダッシュボードにアクセスして、更新するだけで必要なデータを得られる点は誰もが気に入っています。 表示して使用できるデータがダッシュボードに揃っているのです。 そのため、そのデータを使って、そのデータに基づいて意思決定を行うことができるより優れた環境を作るのに本当に役立ちます。 まるで中毒になったようです。 このツールの使用を止めることなど考えられません。 Tableau で開発を始めると、やめることができません。

Tableau: そのようにおっしゃっていただき大変光栄です。 Merkle での Tableau への反応はどうでしょうか。 同僚はクライアントと同じくらい Tableau を気に入っていますか。
Andrade 氏: 実際、Tableau は Merkle 全体に瞬く間に広がっています。 Merkle の社内全体で Tableau が使用されており、毎日のようにデスクトップライセンスの取得を新たに求めるリクエストがあります。これは、誰もが Tableau を実際に使ってみたいと望んでいるからです。

Tableau: 最初に Tableau に出会ったのはどこですか。
Andrade 氏: 実はビジネススクールで初めて Tableau を紹介されました。 私は IT クラスを受講していました。 さまざまなツールやテクノロジーを学習しましたが、Tableau はビジネススクールの教授が詳しく調べるように勧めたツールの 1 つでした。 Tableau で特に気に入っているのは利用しやすいだけでなく、視覚的にも実に美しいという点です。 私はツールを使って作業したり、いろいろな機能を試してみるのがとても好きです。 また、Tableau が生成するチャートは本当に素晴らしいです。

こちらもご覧ください