AWS 上の Tableau Server


概要: 

企業向け BI プラットフォームの Tableau Server は、組織の分析エコシステムのあらゆる要素に対して包括的で堅牢な機能を提供します。短時間で簡単に導入でき、カスタマイズが必要な場合でも最小限で済みます。Tableau Server のコアアーキテクチャは、世界でも最大規模の 2 つのデータプラットフォーム、Tableau Online と Tableau Public の稼働環境として利用されています。

Amazon Web Services (AWS) は、非常に要求の高い Web アプリケーションにも対応できる、信頼性、拡張性、セキュリティ、パフォーマンスに優れたインフラストラクチャであり、お客様のトラフィックパターンにリアルタイムで対応できる、IT コストに見合ったインフラストラクチャです。

このホワイトペーパーでは、AWS で Tableau Server を導入して構成する方法に関する技術的なガイダンスを提供します。また、ニーズに最も合う形で Tableau Server を利用できるようにするために、AWS 製品に特有の主な統合方法と構成についても説明しています。

本ページではホワイトペーパーの一部をお読みいただけます。全ページをお読みいただくには、右にあるボタンで PDF をダウンロードしてください。


はじめに

組織では、グローバルコンピューティングインフラに求められる急激な変化に対応し続けなければなりません。また、分散型でクラウドベースのサービスのアプリケーションを導入して利用できるようにするための方法を見つける必要もあります。これらのアプリケーションは、一定の確かなサービスレベルを実現し、トラフィックに予測できない大きなスパイクが発生しても安定して持ちこたえられなければなりません。AWS で提供されるコンピューティングリソースでは、そうしたニーズに応えるために、グローバルコンピューティングインフラとともにそのインフラの管理を簡素化するサービスが整えられています。

Tableau Server

Tableau Server は、あらゆる規模の組織に適したビジネスインテリジェンスソリューションで、ブラウザやモバイルデバイスからアクセスできます。次のような特長を通じて、インタラクティブなデータビジュアライゼーションで共有やコラボレーションを簡単に行えるように設計されています。

  • シンプルなユーザーインターフェイス – Tableau Server では、あらゆるタイプのユーザーが分析のためのダッシュボードを簡単に検索し、探り、操作できます。強力な検索機能と直感的な操作性を備えており、コンテンツ、ユーザー、データソースを探すのも簡単です。
  • 柔軟なデータアーキテクチャ – 高速なデータベースがある場合、Tableau Server はそのデータベースに対しライブのクエリ接続を維持して、データベースのスピードを活かすことができます。また、Tableau Server でデータソースのインメモリスナップショット (データ抽出) を作成し、Tableau Server プラットフォーム上でそのデータを物理的にホスティングすることも可能です。
  • データとコンテンツの自動更新 – Tableau Server は設定されたスケジュール、指定された時間間隔、増分量に応じてインメモリのデータ抽出を更新できます。また、データ接続失敗時のアラート設定や、ダッシュボードとレポートについての定期メールの受信も可能です。
  • 分析機能の埋め込み – Tableau Server では、組織にすでにある Web ポータルに、インタラクティブなダッシュボードをすぐ埋め込むことができます。共有機能が組み込まれており、Web ページ、SharePoint ポータル、イントラネットの Wiki などに Tableau Server のビューを直接埋め込むための HTML スニペットはすぐに生成されます。
  • スケーラブル – Tableau Server は組織の成長に合わせて、ハードウェアとメモリの両方に応じた拡張が可能です。柔軟なコンテンツ管理、ユーザーパーミッション、きめ細かな管理機能で、成長する Tableau Server プラットフォームの管理もシンプルに行えます。
  • セキュリティ – Tableau Server では、必要などのレベルでもセキュリティパーミッションを設定できます。マルチテナントに対応しているため、サーバーに複数のサイトを作成してユーザーやコンテンツを分離することが可能です。また、プロジェクト、ダッシュボード、ユーザーに対しても個々にパーミッションを設定できます。
  • モバイル – どこからでも、どのデバイスでもダッシュボードを表示できます。ダッシュボードはすべて、タッチ UI のモバイルタブレットに合わせて自動的に最適化され、作成や構成を追加で行う必要はありません。

次のセクションでは、AWS サービスを一部取り上げ、それを使って AWS クラウドで Tableau Server を稼働させる方法について説明します。

続きを読む...

こちらもご覧ください