作成
Marc Rueter, テクノロジー & ストラテジー、シニアディレクター - Tableau Software

When it comes to metadata, most business intelligence (BI) platforms go one of two ways: either model the entire enterprise as a first step, or model nothing. Many “next generation” business intelligence platforms claim that one of their innovations is to do away with metadata entirely—which falls apart when platform usage spreads beyond a small team of experts and into mainstream, enterprise-scale deployments.

Metadata in existing systems should be leveraged when beneficial, but business users don’t need to understand metadata to be successful. With these points in mind, Tableau has created a simple, elegant and powerful metadata system known as the Data Source. Two layers of abstraction and a run time model (VizQL Model) give the business user flexibility while allowing for enterprise-wide metadata.

This paper will show you how Tableau's metadata model is seamless, approachable, and transparent, to an extent that new customers often believe Tableau does not have a metadata layer at all.

続きを読む...

フォームへの記入は約 15 秒で終わります。すでに登録している場合は、サインインしてください。

筆者について

image

Marc Rueter

テクノロジー & ストラテジー、シニアディレクター - Tableau Software

Marc Rueter は、Tableau Software のテクノロジー & ストラテジー部門のシニアディレクターです。MicroStrategy 社と Siebel Systems 社を経て Tableau に入社しました。Siebel 社では、小売業者向けとして成功したアプリケーションの開発を行うチームを率いた経験もあります。Marc は、大規模プロジェクトで顧客を支援した経験をもとに重要な知見を提供するという、Tableau の製品開発において重要な役割を担っています。また、Microsoft Certified Systems Engineer for SQL Server の資格も取得しています。バージニア工科大学で機械工学の学位を取得後、ワシントン大学で MBA を取得しました。