ホワイトペーパー

企業のデータ収益化への 現実と課題

企業のデータ収益化への現実と課題

あらゆる産業にデジタルトランスフォーメーションの波が押し寄せるなか、業種や業態を問わず要となるのがデータです。ビッグデータやAIといった先進的ソリューションがすべての企業にとって身近になりつつある今、あらためてデータの活用に注目が集まっています。
これからは、データそのものをビジネスとしてきた企業だけでなく、小売業や製造業もデータを活用する時代であり、データを集めて分析し、意義のある結果へと結び付ける「データドリブン経営」が求められます。

しかし、明確な事業貢献や収益化を実現することは容易ではなく、多くの企業が試行錯誤を繰り返しています。さらに、自社のビジネスにデータ活用をどう取り入れればよいかと悩む企業も少なくありません。本ホワイトペーパーでは、日本全国の企業におけるすべての部門のビジネスパーソン1800人を対象にデータ活用への取り組みや意識、収益化の状況について実施したアンケート結果をもとに、各社のデータ収益化の現状と課題を分析しています。
是非ご確認ください。

続きを読む...

フォームへの記入は約 15 秒で終わります。すでに登録している場合は、サインインしてください。