ライブオンラインセミナー

マーケティング分析 ブランドポジショニング分析

買い替え頻度の高い日用品消費財メーカーにとってブランド知名度はビジネスの成功を大きく左右します。

逆に頻度が低い耐久消費財のメーカーにとっても消費者が自社にどのようなブランドイメージを持っているかについて正しく把握しておくことが相対的に少ない販売機会を確実に確保することに繋がります。

そしてどちらの企業にとっても、購入者を安定的な収益をもたらしてくれるロイヤル顧客に育てるために、自社がマーケットでどのような認識をされているかについて把握することが重要です。

マスメディアという一方向の情報伝達に載せて企業発信のイメージを消費者にある種強制することが成立していた時代と異なり、ソーシャルメディア等に代表される個人発信の情報によってそれらの企業による制御は容易ではなくなってきています。

競合企業を含めた自社ブランドのポジショニングを継続的に把握することによって、より効果の高いターゲッティング・商品企画・販売に繋げることが出来ます。

 

  • ポジショニング分析で他社との違いを把握する

講師紹介

平川 武雄

セールスコンサルタント

こちらもご覧ください