オンデマンドウェビナー

データとともに、今できること - Leading Through Change with Data & Analytics

この危機に改めて考える、データ活用による変革の推進

どのように対処すればよいのか? 公的機関から世界最大の企業まで、誰もがこの疑問を抱えて迷っています。私たちは、ほとんどの世代が幸運にも直面したことのない規模の、先行き不透明な状況に直面しています。1918 年のインフルエンザ大流行や世界恐慌のような危機を耐え忍んだ人々は、現代にはある重要なものを利用することができませんでした。それは、膨大な量のデータです。また、戦略や手法、ツールとともに、今やリーダーは成功につながる道をうまく形作るための能力も持っています。

他に類を見ない危機に直面したとき、ビジネス活動や従業員の守り方で次のステップを決めるには、データが欠かせない資産になります。

当ウェビナーでは、この危機の中、危機を乗り越えるための貴重な考察や、Tableau の活用によって得られる知見について、最新情報を入手していただけます。また、この危機において、ヤフー株式会社様が実施したTableau活用の事例に関してご紹介いたします。


・Introduction / COVID-19データハブ
・コロナ禍におけるTableau活用事例(例:ヤフージャパン他)
・事業継続計画でデータを活用する4つのポイント
・職場のデータ戦略で考慮すべき4つの領域( COVID-19に直面しながらオフィスは再始動)
・危機から脱出しビジネスを成長するために

ぜひ皆様ご参加いただければ幸いです。

スピーカーについて

image

佐藤 豊

Tableau Software カントリーマネージャー

2013年、Tableau Japan株式会社に入社。エンタープライズ本部長を経て、2018年4月に社長に就任。
デル社、レッドハット社、F5ネットワーク社などIT業界で20年以上の経験を積む。あらゆる人があらゆるシーンで当たり前のように Tableau を使い、データと対話する世界の実現を目指す。

あともう少しです!

フォームへの記入は約 15 秒で終わります。すでに登録している場合は、サインインしてください。

ビデオのダウンロードリンク

MP4

ファイルを保存するには右クリックしてください