オンデマンドオンラインセミナー

まだ「帳票印刷」ですか?

BI の登場により、エンドユーザーは専門家でなくてもデータ分析を行えるようになりました。しかし多くの企業では「帳票印刷」という名のとおり、定められたレイアウトフォーマットで印刷された表が今でもフル活用されており、非定型なデータ分析を行いたい場合は IT 部門の支援を必要としたり、データは自分で抽出できてもスプレッドシートなどのデスクトップツールで扱える範囲で時間をかけて分析環境を用意する必要があります。

かつてないほどのスピードでビジネス環境が変化し、爆発的にデータが増える中、時間をかけずに定型・非定型な分析を行うためのセルフサービス BI を構築することは、多くのビジネスユーザーに共通する IT 部門への期待です。その一方で IT 部門にとってセルフサービス BI とは、IT ガバナンスとデータガバナンスを再定義しなければならないという課題を含んでいます。

本セミナーシリーズでは、従来の BI とモダン BI の違いや、モダン BI へ移行していく際の Tips などを解説していきます。今回は、従来の BI とモダン BI の違いとモダン BI の魅力について 30 分ずつに分けてご紹介します。


帳票印刷から新しいモダン BI への誘い
~速い・簡単・美しい、セルフサービス分析の魅力紹介~
まだ「帳票印刷」ですか?

  • 典型的な帳票印刷の日常風景
  • データ活用における阻害要因の整理
  • 新時代の幕開け
  • データ活用の民主化を可能とする、モダン BI の新しい世界観

 

資料ダウンロードは以下のリンクより取得してください。
PDF資料

講師紹介

KT (Kaori Tanaka)

アソシエートセールスコンサルタント

芦谷 隆介

Tableau Japan 株式会社 セールスコンサルタント

Right click to save the file.

こちらもご覧ください