BI の登場により、エンドユーザーは専門家でなくてもデータ分析を行えるようになりました。しかし多くの企業では「帳票印刷」という名のとおり、定められたレイアウトフォーマットで印刷された表が今でもフル活用されており、非定型なデータ分析を行いたい場合は IT 部門の支援を必要としたり、データは自分で抽出できてもスプレッドシートなどのデスクトップツールで扱える範囲で時間をかけて分析環境を用意する必要があります。

かつてないほどのスピードでビジネス環境が変化し、爆発的にデータが増える中、時間をかけずに定型・非定型な分析を行うためのセルフサービス BI を構築することは、多くのビジネスユーザーに共通する IT 部門への期待です。その一方で IT 部門にとってセルフサービス BI とは、IT ガバナンスとデータガバナンスを再定義しなければならないという課題を含んでいます。

本セミナーシリーズでは、従来の BI とモダン BI の違いや、モダン BI へ移行していく際の Tips などを解説していきます。その第一回目となる今回は、従来の BI とモダン BI の違いとモダン BI の魅力について 30 分ずつに分けてご紹介します。