Tableau Foundation

NetHope

災害救援のためのより質の高いデータへの取り組み

Tableau Foundation は、人道主義救援隊と発展途上各国における連携技術のベストプラクティスをひとつにまとめる NetHope の活動を支援しています。

危機における分析

世界でも最悪の災害の発生時に大量のデータをビジュアル化し共有することで、最大限のインパクトを与えることを目的としています。

危機の最中とその後にわたり、データがどのように生命を救いコミュニティを再生しているかをご紹介します。

詳しく読む

反響をビジュアル化

大流行を監視

シエラレオネでの感染を追跡。

チームプレー

連携による取り組みをビジュアル化。

必要に応じた食糧支援

危機における食糧支援を追跡。

適切な地図を瞬時に見つけ出す

何年もの間、災害時および災害後に信頼できる最新マップとデータを見つけるのに苦労し、人道支援救援隊の意思決定は困難を極めていました。

2016 年、NetHope のスタッフは Tableau Service Corps のボランティア、ニッコ・シローンと協力してエクアドル地震後に緊急応援隊リソースを作成しました。わずか 36 時間のうちに、当局が何年も求め続けてきた、事実が得られる単一の情報源を作り上げたのです。

この Viz はその他の一連の災害危機に向け複製され、緊急時の情報共有のスタンダードとなりました。

Viz を見る エクアドル|ハイチ|フィジー

NetHope の活動に関するさらに詳しい情報は、Nethope.org をご覧ください。