Tableau Server をさらにスケーラブルで高パフォーマンス、かつ安全にするために、新しいオペレーティングシステムレベルのコンテナ化テクノロジーを活用します。2021 年の最初のリリースより、Tableau Server には Windows Server 2016、Windows Server 2019、または Linux が必須となります。

この変更により、2021 年の新バージョンの Tableau Server で、Windows Server 2012 および Windows Server 2012 R2 のサポートを終了します。Tableau の 2020 年最終バージョンについては、標準の 30 か月のサポート期間はもちろんサポートします。つまり、この最終バージョンは 2023 年の前半まで、セキュリティアップデートやその他の修正が提供されます。また、Microsoft の Windows Server サポートポリシーに従い、2020 年の最初のリリースより Windows 2008 のサポートを終了します。Microsoft が 2008 のセキュリティアップデートなどのサポートを終了するためです。

Tableau Server のオペレーティングシステム要件の更新に関するタイムライン

この変更は、2021 年以降にリリースされる Tableau Server にのみ影響します。2021 年より前にリリースされる四半期ごとのメジャーリリース (2019.2.0、2019.3.0 など) に付随する Tableau Server メンテナンスリリースは、影響を受けません。また、Linux OS サポートについては変更ありません。 さらに、この変更は Tableau Desktop、Tableau Prep Builder、Tableau Bridge、または Tableau Online など、Tableau の他の製品には影響しません。

なぜコンテナが重要であり、どのように役立つのでしょうか? 基本的に、Tableau Server 環境の拡張とサポートが簡単になります。コンテナは、仮想マシンの概念の進化として考えてください。オペレーティングシステムと、基盤となるインフラストラクチャは抽象化されます。  コンテナベースのアーキテクチャの具体的な利点としては、Tableau Server の迅速かつ繰り返しの導入とシステムリソースの管理が簡単になることです。また、クラウドパートナーによって提供される動的な伸縮性をより活用する Tableau Server を構築することもできます。

2 年後というのはまだ遠い先のように思えますが、OS のアップグレード戦略の計画をすぐにでも開始してください。まずは、より優れたアイデンティティおよびセキュリティ機能や、オンプレミスの Windows Server ワークロードを Azure サービスに統合できる機能など (例: ディザスタリカバリ)、Windows Server 2019 の利点の詳細について確認することから始めましょう。Linux 上で Tableau Server を実行することに関心がある場合は、この機会に切り替えを検討されてはいかがでしょうか。詳細を参照し、Linux が環境に適しているか確認してください。

お気軽にお問い合わせください。コメントをお寄せいただければと思います。

ブログの更新情報を受け取る