ホワイトペーパー

データの製品化 - データサイエンティストからデータビジネスオーナーへ

執筆者: 

Turn Data into Products Strategiepapier

データ製品の開発に戦略はありますか?

企業は、持っているデータ資産の経済的価値の計測と評価をますます進めています。今後は、データ自体の価値の評価に加え、データを基にした新しいビジネスモデルから生み出される収益も極めて重要な役割を担うでしょう。データ製品や分析サービスの利用が増えるに従って、データ収益化の機会と埋め込み分析の統合を探る組織も増えています。

このレポートで述べられている主な結論は次の通りです。

  • 分析ベースのソリューションとビジネスモデルは、2018 年を通じて驚くべき成長を遂げました。
  • 多彩なデジタル技術の活用とビジネスモデルにより、さまざまなタイプと規模の組織にとって、データ製品とデータ収益化の魅力が増しています。
  • データや分析を基にしたビジネスモデルから生み出された収益は、デジタル時代の成功を測る主要な指標になりつつあります。
  • 埋め込み BI の利用や、分析環境と IoT プラットフォームの統合が増加しました。それは、今日のデジタル製品やデジタルプラットフォームで、最も成功に結びつく要素の 1 つがモダン分析の機能であるためです。
  • データサイエンスの責任は、データビジネスの経済的な成功やそれを支えるテクノロジーなどの新しい面にも拡大しつつあります。
  • 分析プラットフォームの選定と「構築か購入か」で考慮するべきポイントは、多種多様なデータソース、複数のクラウド、API に接続するニーズによって左右されます。

「データは新しい石油だ」。これは、経営陣がデータドリブンなデジタル戦略や企業文化の重要性を取締役会、投資家、従業員に説明するときに、好んで使う言葉です。この言葉はシンプルかつ明確であり、疑問を起こさせることもめったにありません。しかし本当は、疑問を投げかけて答えを出す方が多くのものを得られます。たとえば、その石油を採取するにはどうすれば良いか、どのように輸送するか、どこでどのように精製するか、そのビジネスモデルはどのようなものか、などです。同じ質問はデータにも当てはまりますし、データドリブンな新しいビジネスモデルや分析ソリューションという枠組みの中で、データ資産を収益化する機会にも当てはまります。

詳細についてはレポートをお読みください。

続きを読む...

作成者について

Carlo Velten 博士

シニアアナリスト兼 CEO