クラウドへの移行を進める6つの戦略


概要: 

ここ数年間で、クラウドのメリット (およびそのすべての可能性) が話題にのぼるようになりました。そして現在では、多くの人がクラウドを有効利用するべきだと考えるようになりました。では、クラウドへの移行を決断した場合、どのようなステップに進むべきでしょうか。

最初に、クラウドへの移行は段階的に実施できることを知っておく必要があります。実際には、特定の問題を解決する、またはメリットを生かすことを考えることから始めるのが良いでしょう。「クラウド時代」より前からある企業、つまり2年以上の事業歴がある企業はクラウドへの移行にあたり、計画が必要になります。クラウドで採用する新しいアプローチは何か。次のバージョンでは、どのシステムを廃止してクラウドに移行するか。現在機能しているシステムは何か。将来的にそのシステムを維持するのか。システムを 100% クラウドに移行することはできないかもしれませんが、それでもかまいません。

ただし、クラウドへの移行を開始するには、計画が必要です。この文書では、クラウド移行に向けた戦略をいくつかご紹介します。

  • 解決する問題を明らかにする
  • クラウドを活用して業務を行う方法を見直す
  • クラウドの柔軟性を取り入れる
  • ビジネスの成長に備えて計画する
  • ユーザーを支援する (少なくともシングルサインオンソリューションを採用する)
  • 組織で幅広く活用する

最初の数ページをプレビューとしてお読みいただけます。全ページをお読みいただくには、右にあるボタンで PDF をダウンロードしてください。


クラウドへの移行を進める6つの戦略

ここ数年間で、クラウドのメリット (およびそのすべての可能性) が話題にのぼるようになりました。そして現在では、多くの人がクラウドを有効利用するべきだと考えるようになりました。ついにクラウドへの移行を決断したとして、次はどのようなステップに進むべきでしょうか。

最初に、クラウドへの移行は段階的に実施できることを知っておく必要があります。実際には、特定の問題を解決する、またはメリットを生かすことを考えることから始めるのが良いでしょう。「クラウド時代」より前からある企業、つまり2年以上の事業歴がある企業はクラウドへの移行にあたり、計画が必要になります。クラウドで採用する新しいアプローチは何か。次のバージョンでは、どのシステムを廃止してクラウドに移行するか。現在機能しているシステムは何か。将来的にそのシステムを維持するのか。システムを 100% クラウドに移行することはできないかもしれませんが、それでもかまいません。

ただし、クラウドへの移行を開始するには、計画が必要です。このホワイトーペーパーでは、クラウド移行に向けた戦略をいくつかご紹介します。

1. 解決すべき問題を明らかにする

クラウドへの移行は、クラウドで作業したいという漠然とした要望によってではなく、実際のビジネスの問題によって決定される必要があります。たとえば、新しい人材管理ソリューションを必要としているのであれば、 そこから検討を始めます。人材管理ソリューションのクラウドサービス、Workday や SuccessFactors などを評価します。クラウドに移行することにより、実装時間を短縮してすぐにシステムを有効利用でます。また、現在機能しているシステムを維持したままクラウドへの移行を開始できます。そして、経費の節減につながります。

Wild Tangent 社、ビジネスインテリジェンス部門のディレクター、Scott Moran 氏は、社内のほぼすべてのデータインフラストラクチャをクラウドに移行しました。 ツールキットとして利用できる多くのクラウドサービスについて調べることを社員たちに奨励しています。適切なタイミングで適切なツールを選択し、ニーズを満たす適正なサイズのツールを選択することは重要です。

「基本的にレンタル契約でサービスを利用することになります」と述べるMoran 氏は、 サービスプロバイダーがすべてのハードウェアおよびネットワークを管理することにより、システム拡張をわずかな費用で行えることについても、 「サーバー容量を追加するためにオペレーションチームが夜遅くまで作業するより、クレジットカードで支払いを済ませてインフラストラクチャを拡張する方が、ずっと簡単だということがわかりました。今では、マウスを数回クリックするだけで、拡大も縮小も自在に実行できるようになりました」と述べています。

Moran 氏は、Wild Tangent 社のデータアーキテクチャを少しずつクラウドに移行させました。ツールボックスの例えを引き続き使って、すべてのツールを一度にまとめて入手する必要はないとアドバイスしています。1つのツールを使って作業を完了したら、次に進むという形で 移行を進めれば、業務を中断する必要がありません。

すでに移行を決断している場合は、クラウドサービスのツールキットに適切なオプションがあるかどうか確認します。新しいデータウェアハウスが必要か。人材管理ソリューションが必要か。CRM が必要か。そこからクラウドを検討していきます。クラウドに移行することにより、実装時間を短縮してすぐにシステムを有効利用でます。また、現在機能しているシステムを維持したままクラウドへの移行を開始できます。そして、経費の節減につながります。

さらに詳しく読みたい方は、 ホワイトペーパーをダウンロードしてください。

続きを読む...

こちらもご覧ください