すべてのストーリーに戻る

K-POP の大人気スターが所属するエージェンシー

Jay Yeo 氏

TangibleVitz 社 | 韓国ソウル

K-POP はアップテンポで、心をつかむ、間違いなく楽しい音楽です。それは世界も認めています。K-POP は、韓国の音楽シーンを 50 億ドル産業 (英語) に成長させました。Jay Yeo 氏は、2017 年現在のエージェンシーとアーティストの関係を示すサンキーダイアグラムを使って、この成功に影響を与えた K-POP グループを分析しています。Yeo 氏はそれぞれのエージェンシーを掘り下げて所属タレントを調べ、ディスクのようなドーナツチャートではアーティストの男女比も示しました。また、音楽の売上と利益全体の詳細も示して、K-POP シーンをリードするエージェンシーがわかるようにしています。

ビジュアライゼーションを見てみましょう

  • ミュージックビデオは、K-POP バンドのイメージと世界的な人気に欠かせない要素です。赤い棒を見て、YouTube でビデオのビュー数が最も多いアーティストを調べてみましょう。
  • このリストには、男性アーティストのみのエージェンシーが 1 つあります。[Boy] (男性) フィルターをクリックして、他のエージェンシーの男女比と比較してください。
  • 右側で好きな K-POP アーティストの名前をクリックすると、エージェンシーやミュージックビデオの再生回数などの詳しい情報が表示されます。

K-POP アーティストはとてもたくさんいます。他より人気の高いグループがある理由を知りたいと思っていました。

音楽への情熱を視覚化する

音楽データの裏側を見るために、今後のウェビナーにご登録ください。

さらにデータ + 音楽のストーリーを見る


データ + 音楽の Viz ギャラリー

Tableau Public の Viz ギャラリーで、Tableau コミュニティが作成した他のビジュアライゼーションもご覧ください。


データ + 音楽のストーリーはありませんか?

音楽に関するビジュアライゼーションを募集しています。自薦推薦問わずお知らせください。

あなたのデータを Tableau で分析してみませんか?
無料でお試しいただけます。

Tableau を無料で試す