私たちは、すべての会社のすべての人がデータでインパクトを与えることができると信じています。そして本日、それを可能にする大きな進化、Tableau の「データに聞く」機能を発表します。これは自然言語に対応するまったく新しい機能で、熟練したアナリストからデータ分析経験のない初心者まで、組織のあらゆるスキルレベルの人がデータ分析を行えるようになります。

Tableau Server または Online にパブリッシュされた任意のデータソースに質問するだけで、インタラクティブなビジュアライゼーションの形で回答を得ることができます。この新しいレベルのアクセスを提供する機能により、分析を開始する際のハードルが低くなり、データとのやり取りの方法が根本的に変わる可能性があります。Tableau 2019.1 リリースの一部として、「データに聞く」機能を発表できることを嬉しく思います。

また、Tableau Prep Conductor も発表します。これは Tableau の新しいData Management Add-on で利用できます。Prep Conductor では、Tableau Prep Builder (旧名 Tableau Prep) フローを直接 Tableau Server でスケジュールおよび管理することでデータを常に最新に維持することができ、スケーラブルで一元化されたデータ準備戦略が可能になります。さらに、Google 広告などのデータコネクタ、PowerPoint へのエクスポートなど、その他の新しい機能も提供します。これらすべての機能は、エンドツーエンドの優れた分析プラットフォームで強力なデータ分析を提供するのに役立ちます。詳細についてぜひご確認ください。

データに聞く: データへの最も簡単な質問方法

Tableau は、ドラッグアンドドロップのインターフェイスで分析に革新をもたらしました。ユーザーはデータの探索時にフローから出る必要はありません。そして、「データに聞く」機能でさらに分析が簡単になります。質問を入力するだけで、インタラクティブなビジュアライゼーションの形で回答を得ることができます。たとえば、「Who are our highest discount customers? (最も割引している顧客は?)」と入力すると、その質問に対する回答がインタラクティブなビジュアライゼーションで返されます。フォローアップの質問で結果を絞り込み、ビジュアライゼーションを直接操作できるほか、Tableau のドラッグアンドドロップインターフェイスを使用してさらに掘り下げることもできます。インサイトを他のユーザーと共有することもできます。すべてが 1 つのシームレスなプラットフォームで可能です。Tableau ですでに使い慣れているのと同じ反復的でスマートな分析エクスペリエンスでデータと自然にやり取りし、思いついた質問を尋ねることができます。

実際に使ってみれば分かります。2019.1 ベータ版を試用した Expedia Group 社のテクニカルアカウントマネージャー、Scott Webber 氏は次のように語っています。「Tableau Online で「データに聞く」機能を試用してみましたが、良好だと感じました。この機能や自然言語モデルが当社の幅広い分析シナリオをどのようにサポートするのか楽しみです。たとえば、営業マネージャーは質問するだけで世界中での業績を地域ごとに分析することが可能になります。「データに聞く」機能は当社の強化された分析戦略もサポートします。この機能により、非技術系のユーザーでもデータ分析とインサイトの取得を自動化できます」。

実際の動作については、「データに聞く」機能のインタラクティブデモをご覧ください。今すぐ Tableau Online の使用を始めましょう。または Tableau 2019.1 にアップグレードして、組織で NLP (自然言語処理) を活用しましょう。


ユーザーの意図を理解するスマートテクノロジー

「データに聞く」機能はインテントドリブンなパーサーを使用して、たとえば「last year (去年)」「most popular (最も人気のある)」「earliest (最も早い時期)」など、あいまいな質問内容を理解します。また、データソースと過去のユーザーアクティビティに関する情報を組み合わせることで、質問の正確な意図を読み解いて適切な結果を提供するために役立つ推奨事項を提示します。

強力なアルゴリズムが自動的にデータソースのプロファイルおよびインデックスを作成します。これはつまり、製品売上データの「First class furniture (ファーストクラス家具)」について質問した場合、「Category (カテゴリー)」を「Furniture (家具)」で、「Ship Mode (出荷モード)」を「First Class (ファーストクラス)」でフィルターしたいという意図を、「データに聞く」機能は認識できるということです。「データに聞く」機能は、データソースに関する統計的知識と、現実の概念に関する文脈的知識を組み合わせます。「データに聞く」機能はすぐに使えるとともに、類義語、定義、計算を追加することで簡単に組織に合うようにカスタマイズできます。


Tableau プラットフォームとの統合

Tableau Server および Online の機能であるデータに聞くには、追加の設定は必要ありません。「データに聞く」機能は、パブリッシュされた組織のデータソース、およびパーミッションやセキュリティポリシーなどの既存のガバナンス要件と連携します。Tableau Creator、Tableau Explorer、および Tableau Core のお客様が、Tableau の新しいバージョンですぐに利用できます。

Tableau Prep Conductor: セキュアで信頼性の高いサーバー環境でフローをスケジュールおよび実行

昨年は Tableau Prep (現在は Tableau Prep Builder という名称になっています) を導入しましたが、今年は、規模に応じたセルフサービスのデータ準備をスケジュールおよび管理できる Tableau Prep Conductor を導入します。Tableau Prep Conductor により、Tableau Prep Builder で作成されたフローのスケジュールと実行が Tableau Server で直接できます。Prep Conductor は、新しい Tableau Data Management Add-on の一部として購入できるアドオン製品です。

Prep Conductor を使用すれば、チームはデータが最新であり分析のために準備が整っていることを信頼できます。実行履歴とデータ接続への可視性があることで、データソースに対して大きな自信を持つことができるのです。また、フローがスケジュール通りに進んでいない場合はアラートによって通知されるため、データが常に最新であることが保証されます。Tableau Prep Conductor は Tableau Server 上に構築されているため、IT がすでに組織内で確立しているユーザーパーミッションや管理ビューと同じものを使用します。

その他の新機能: PowerPoint へのエクスポートや新しい Google 広告コネクタ

こちらも Tableau 2019.1 に含まれている機能ですが、ダッシュボードのスナップショットを PowerPoint に直接エクスポートできるため、簡単にデータをプレゼンテーションに組み込むことができます。ワンクリックでビジュアライゼーションを Tableau (Desktop、Server、および Online) から PowerPoint にエクスポートできます。各シートは高解像度のイメージで、ソースのワークブックへのリンクも含まれます。

また、Google 広告のデータから詳細なインサイトを取得できます。Tableau Desktop、Server、および Online で利用できるこの新しいネイティブコネクタで接続し、Tableau で広告指標を分析できます。

以上が Tableau 2019.1 で利用できる新機能の一部の概要になります。このリリースのすべての新機能については、新機能ページをご覧ください。

近日中に提供開始: 多くの新機能を備えた新デザインの Tableau Mobile

iOS および Android の両方でさらに直感的なエクスペリエンスを実現するために、Tableau Mobile を再設計しました。Tableau 2019.1 のリリース後、間もなく提供を開始する予定です。Tableau Mobile では、Tableau Server および Tableau Online ダッシュボードを指先で操作でき、常にデータを確認できます。この新しいアプリにより、お気に入りの同期や、ハイライトおよびツールヒントなどのオフライン操作が可能になるため、外出中でもデータにアクセスできます。統合された強力な検索機能を使用してプロジェクトを参照し、特定のコンテンツを見つけることができます。今後の更新情報をお見逃しなく!

Tableau コミュニティの皆様に感謝いたします。

皆様がいなくては実現できませんでした。いつもフィードバックやインスピレーションをいただきありがとうございます。また、Tableau 2019.1 のベータ版を試用し、フィードバックを提供してくださった多くの方々にお礼を申し上げます。皆さんの貴重なお時間と労力をこのリリースの成功のために費やしていただき、感謝いたします。

引き続き、コミュニティのアイデアフォーラムにご参加いただくか、またはプレリリースのコミュニティにご参加いただき、Tableau の未来に貢献していただければ幸いです。

今すぐ Tableau Online の使用を開始するか、または Tableau 2019.1 にアップグレードし、新機能のすべてをご活用ください。NLP (自然言語処理) がどのように役立つかについては、「データに聞く」機能のインタラクティブなデモをご覧ください

こちらもご覧ください

ブログの更新情報を受け取る