Tableau 2018.1 の機能

image

ドライバーのインストールの簡略化

必要に応じてダウンロードを促す通知

image of コネクタドライバーのインストールの簡略化

コネクタドライバーのインストールの簡略化

データ取得までの時間が短縮されました。Tableau Desktop で特定のデータソースに接続するために、ドライバーをインストールする必要がある場合は、事前に通知が送信されます。通知内の URL をクリックすると、データ分析に必要なドライバーが表示されインストールできるようになります。

image

分析オブジェクトのガイダンス

使用できないオブジェクトにツールヒントを表示

image of 分析オブジェクトのガイダンス

分析オブジェクトのガイダンス

[アナリティクス] ペインのオブジェクトで、Viz がどのような状態のときに使用できるのかが理解しやすくなります。使用できない分析オブジェクトには、使用できるようにするための Viz の変更方法が表示されます。

image

クラスタリング機能の拡張

保存されたクラスタリング結果が更新可能に

image of クラスタリング機能の拡張

クラスタリング機能の拡張

保存されたクラスタリング結果が静的ではなくなり、クラスタリング分析をさらに幅広く利用できるようになりました。保存されたクラスタは他のシートで使用することができ、データが更新されるとクラスタも更新されます。

image

SQL Server の空間データ

SQL Server の空間データに直接接続

image of SQL Server の空間データに直接接続

SQL Server の空間データに直接接続

Tableau から、SQL Server に格納されている空間データに接続し、視覚化できるようになりました。SQL Server が持つ空間データの操作機能を利用して空間データの高度なクエリを作成し、カスタム SQL により高度な空間分析を行うことができます。

image

ツールヒント Viz の改良

ツールヒント Viz のシートを非表示に

image of ツールヒント Viz の改良

ツールヒント Viz の改良

ツールヒント Viz で使われているシートは、ストーリーやダッシュボードで使われているシートと同じように、非表示にすることができます。

image

階層フィルタリングの改良

階層フィルターのパフォーマンスが向上

image of 階層フィルタリングの改良

階層フィルタリングの改良

Tableau のフィルターが、データの階層と一致するようになりました。フィルタリングがさらに効果的になり、階層フィルターのクエリパフォーマンスも向上します。

image

二重軸マッピングの改良

二重軸マッピングの機能が強化

image of 二重軸マッピングの改良

二重軸マッピングの改良

緯度・経度は、カスタムのものと生成されたものを二重軸で組み合わせることができます。多層マップを作成して、空間データを簡単に視覚化し分析しましょう。

image

Tableau Server および Tableau Online からワークブックのダウングレード

ワークブックのバージョン互換性が強化

image of Tableau Server および Online からワークブックのダウングレード

Tableau Server および Online からワークブックのダウングレード

バージョンが異なる Tableau 間でのコラボレーションがさらに行いやすくなりました。ワークブックをダウンロードして、旧バージョンの Tableau Desktop (Tableau 10.2 以降) で開くことができます。

image

ツールバーの WCAG 2.0 準拠

Tableau Server と Online の表示ツールバーでアクセシビリティが向上

image of ツールバーの WCAG 2.0 準拠

ツールバーの WCAG 2.0 準拠

Tableau Server と Tableau Online で、カスタムビューやサブスクライブ、アラートなどの表示ツールバーが WCAG 2.0 AA に準拠しました。スクリーンリーダーや点字キーボードを利用する場合や、キーボードのみで操作する場合に、Tableau がよりコントロールしやすくなります。

image

モバイル機能の強化

コラボレーションと共有の手段がさらに拡大

image

階段グラフ

不連続の値の変化を視覚化

image of 階段グラフ

階段グラフ

階段グラフを利用すると、不連続データが一層強力に分析できるようになります。ワンクリックで簡単に線のタイプを変更して不連続の値の変化を視覚化できるので、勘定残高データや在庫量データ、金利などさまざまなデータを分析することが可能です。