企業全体で使えるビジネスインテリジェンスを

ビジネスインテリジェンス (BI) はデータを活用してビジネスの成長につなげるためのしくみです。

企業にとって最高の資産である「人材」と「データ」を最大限に活用するには、誰でも簡単にデータを分析し、引き出した情報をチームで共有できるような環境を社内に整えることが重要です。Tableau は、専門知識が必要だったデータ分析の垣根を取り払う BI ツールであり、企業全体でのデータ活用を推進する分析プラットフォームです。

誰でもできるパワフルな分析

考えるのと同じ速さで分析

Tableau Desktop は、知りたいことをデータから数秒で引き出すことができるツールです。データと対話をするようにデータ探索を行いながら、傾向や情報を発見することができます (このようなタイプの BI をデータディスカバリと呼びます)。データのビジュアル化、ダッシュボードの作成、複数データベースのデータの組み合わせなど、データ分析で必要な動作をドラッグ & ドロップ操作で行える Tableau Desktop について、このビデオで紹介します。

ビデオを見る

BI を有効活用しているお客様のストーリー

さらに高度な質問でも

答えが知りたい質問や疑問は誰もが抱えています。その答えをデータから引き出してみてはいかがでしょうか。Excel を使う人なら簡単に使うことができる Tableau は、複雑な分析も簡単な操作でできるパワフルなツールです。Tableau を使う多くのお客様は、直感的なドラッグ & ドロップ操作で分析の流れに乗り、ビジネスに活かせる情報 (インサイト) をデータから引き出しています。

ビデオを見る

共有とコラボレーション

柔軟な導入と安心の拡張性

分析結果の共有も、Tableau なら簡単です。分析ソリューションの展開方法に、完全ホスティング型やオンプレミス型、パブリッククラウド (AWS、GCP、Azure など) のどれを選択してもそれは変わりません。分析環境のプロビジョニングと展開において、お客様がよりアジャイルなアプローチを採用できるよう Tableau は支援します。分析文化を組織に拡大するには、実際の導入事例からベストプラクティスを抽出し導入手法としてまとめられた Drive をお役立てください。

詳しく読む

質が高く有用なレポートのおかげで、当社の取締役会とパートナーに対し、これまでできなかったレベルで私たちならではの価値を示すことができました。その結果、私たちの組織では利益性が向上し経営状態も改善されました。

IT 部門が支える分析環境

セルフサービスと妥協のないガバナンスの両立

セルフサービス分析のためのインフラが整えば、事業部門と IT 部門がお互いに妥協する必要はなくなります。IT 部門は、ガバナンスの定義とプラットフォームの監視・管理に集中でき、事業部門のユーザーは、セキュアな共同スペースにある正確で最新なデータから知りたい答えを自分で引き出せるようになります。Tableau により、2 つの世界の両方にとって最適な環境を実現できます。

詳しく読む

データドリブンな意思決定

42,000 社を超えるお客様

さまざまな業界や国のお客様が、自分たちのビジネスをより詳しく知るために Tableau を利用しています。このビデオでは、Cisco 社ビジネスインサイト部門長の David Baudrez 氏が、世界中のあらゆる事業部へのデータの配信、生産性の向上、数百時間の工数削減に、Tableau がどのように役立ったかを語っています。

ビデオを見る

ガートナー社の 2016 年版マジック・クアドラント

「リーダー」に位置付けられた Tableau

ガートナー社によるビジネスインテリジェンスのマジック・クアドラントレポートにおいて、Tableau は 4 年連続で「リーダー」と評価されました。Tableau は、ビジネスインテリジェンスのゴールドスタンダードとして、また業界のリーダーとして、最新の分析ソリューションで企業全体を支援します。

Tableau は、10 年以上前にセルフサービス分析分野を切り拓きました。それ以来、企業における分析の可能性を広げ続けています。

レポートをダウンロード

Tableau を無料で試す