2016 年ビッグデータのトレンド Top 8

ホワイトペーパーをダウンロード

無料ホワイトペーパー

2016 年に予測されるビッグデータのトレンドをお読みください。

2015 年は、ビッグデータを語るうえで重要な年となりました。最善の意思決定を行うためには、どのような規模や形態のデータも軽んじることはできない、という考え方を受け入れる企業が増えてきました。これを裏付けるように、非リレーショナルなデータや非構造化データ、そして膨大な規模のデータを扱えるシステムが進化し洗練され、企業の IT システムで活用される流れが続いて行くでしょう。これにより、ビッグデータの真価が、ビジネスユーザーにもデータサイエンティストにも十分に認知され、引き出されていくことになります。

毎年、Tableau では、業界で起きている出来事についてディスカッションを行い、翌年に予測されるビッグデータのトレンドをリストにまとめています。

このホワイトペーパーでは、Tableau が予測する 2016 年のトレンドを紹介しています。

  • NoSQL の時代へ
  • Apache Spark が照らし出すビッグデータ
  • Hadoop プロジェクトの成熟
  • ビッグデータの加速
  • IoT、クラウド、ビッグデータがひとつになる

ホワイトペーパーを今すぐダウンロード

ビッグデータがメインストリームとなりつつある本当の理由は、データサイエンティストや技術者だけでなく一般のビジネスパーソンもデータを活用できるという点にあります。そこで大きなカギを握っているのが、ビジュアライゼーションです。単に情報を伝達し、数字やグラフを提示するだけでなく、そのチャートやグラフに命を吹き込めるのがビジュアライゼーションの良さです。

Tableau について

Tableau は、次にとるべきアクションにつながるインサイトを、お客様がデータから引き出せるように支援しています。ビジュアル分析によって、制限なくデータを探索できます。ダッシュボードを作成し、数回のクリックでアドホックな分析を実行できるようになります。分析は誰とでも共有でき、大きなインパクトをビジネスにもたらすことができます。グローバルな大企業から、中小企業やスタートアップまで、あらゆる場所で多くのお客様が Tableau を使いデータを見て理解しています。



取り上げられました