モダン BI の世界における IT 部門の新たな役割

IT 部門がプロデューサーからイネーブラーに進化し分析をめぐるコラボレーションを育むには

無料のホワイトペーパーをダウンロードしてご覧ください

セルフサービス分析が標準になり、IT 部門の役割もプロデューサー (作成者) から戦略的なパートナーへと変わりつつあります。また IT プロフェッショナルは、分析に対する IT 部門が主導する従来のトップダウン型のアプローチから、IT 部門が実現しビジネス部門が主導するセルフサービス型のアプローチへ、組織の移行をサポートしています。この変革には、新しい枠組みと全体的な戦略が必要です。組織は、ユーザー、プロセス、プラットフォームという、BI 計画の基盤となる中心的な構成要素を裏付けていた過去の意思決定を見直さなければなりません。

ホワイトペーパーをダウンロード

私たちはセルフサービス型モデルを必要としていました。IT 担当者は、レポートライターになりたいと望んでいるわけではなく、また、そうなるべきでもありません。IT の観点から、Tableau なら本来の使い手、つまりデータを使用し、データを知るユーザーの手に委ねることができます。

Tableau について

Tableau は、次にとるべきアクションにつながるインサイトを、お客様がデータから引き出せるように支援しています。ビジュアル分析によって、制限なくデータを探索できます。ダッシュボードを作成し、数回のクリックでアドホックな分析を実行できるようになります。分析は誰とでも共有でき、大きなインパクトをビジネスにもたらすことができます。グローバルな大企業から、中小企業やスタートアップまで、あらゆる場所で多くのお客様が Tableau を使いデータを見て理解しています。



取り上げられました