現代のデータ環境に必要な 3 つの変化

ホワイトペーパーをダウンロード

急激に進化するデータベースの世界では、IT 部門がデータ環境をめぐる戦略の根本的な見直しを迫られています。Hadoop から NoSQL、クラウドデータ資産まで、IT 部門はテクノロジーとアプローチの両面で後れをとらないことを、かつてないほど強く期待されています。残念ながら、CIO と IT 責任者の多くは、新しいテクノロジーを自社に統合しようと努力している一方で、もっと大きな落とし穴を見逃しているというのが現状です。つまり、最新のデータ環境を形づくる上で、セルフサービス型データ分析が果たす役割を忘れてしまっているのです。

このホワイトペーパーでは、IT リーダー達が組織全体でのデータ活用には不可欠であると認識し始めている「現代のデータ環境に必要な 3 つの変化」を紹介します。

以下のコンセプトについて紹介します。

  • Hadoop および NoSQL の登場と、それが従来型の企業データウェアハウスにもたらす意味
  • クラウドデータ資産の評価方法について
  • データプラットフォーム戦略の一部として導入されるセルフサービス型データ分析

ホワイトペーパーを今すぐダウンロード

私たちはセルフサービス型モデルを必要としていました。IT 担当者は、レポートライターになりたいと望んでいるわけではなく、また、そうなるべきでもありません。IT の観点から、Tableau なら本来の使い手、つまりデータを使用し、データを知るユーザーの手に委ねることができます。

Tableau について

Tableau は、次にとるべきアクションにつながるインサイトを、お客様がデータから引き出せるように支援しています。ビジュアル分析によって、制限なくデータを探索できます。ダッシュボードを作成し、数回のクリックでアドホックな分析を実行できるようになります。分析は誰とでも共有でき、大きなインパクトをビジネスにもたらすことができます。グローバルな大企業から、中小企業やスタートアップまで、あらゆる場所で多くのお客様が Tableau を使いデータを見て理解しています。



取り上げられました