ガートナーレポート

データ管理機能の一元化が求められる、最新のデータおよび分析要件

最新のデータと分析への投資は拡大を続けており、常に変化するビジネス要件と分析の新たなユースケースに対応するために、新しいデータ管理ソリューションが必要とされています。これまでのポイントソリューションではもはや不十分です。また、これはデータ業務のリーダーたちが知っておくべきことですが、ガートナーは機能のある程度の一元化が市場において発生していることを認識していると考えられます。

  • IT およびビジネス部門はより統合されたアプローチで、データ品質、データの定義、メタデータ管理、さらには検索とガバナンスに対処する必要があります。
  • データプロファイリングから統合までの多くのデータ管理機能がアプリケーションやツールで利用できるようになっており、従来の環境にあった境界線はなくなりつつあります。
  • データ業務のリーダーたちは、組織の多くの分析ユースケースに対応する、集約されたメタデータ管理機能を備えたソリューションを求めるべきです。

広範なユースケース、データ管理、およびメタデータ管理に使用するツールの数を最小化する適切なソリューションを採用すれば、IT およびビジネス部門は、革新的なデジタルイニシアチブに関してより優れたコミュニケーションやコラボレーションを行うことができます。

レポートを読む

ガートナー、Modern Data and Analytics Requirements Demand a Convergence of Data Management Capabilities (データ管理機能の一元化が求められる、最新のデータおよび分析要件)、Guido De Simoni、Melody Chien、Ankush Jain、Ehtisham Zaidi、2019 年 9 月 11 日