Tableau Server、Tableau Online を使ってみよう

データでコラボレーションを始めましょう

「お客様がデータを見て理解できるように支援すること」

Tableauはこのミッションを達成すべく製品開発を行っています。そして今回、革新的な新製品発表を行いました。新しく登場したサブスクリプションライセンスプログラムは、ダッシュボードを気軽に参照したいユーザー、インサイトからより深い分析をしたいユーザー、分析準備からデータの組織的活用まで、分析のプロセス全般に関わるユーザーなど、それぞれに異なるユーザーニーズに対応したライセンスを選択いただけるようになり、セルフサービスBIをより柔軟にご導入いただけます。

そしてTableau Creatorは完全な分析機能を提供するアナリストやパワーユーザー向けの最上位ライセンスであり、さまざまな魅力ある機能、ツールが含まれています。中でも特筆すべき機能の一つ、Tableau Server、Tableau Onlineは、有用なダッシュボードをメンバーと簡単に共有することができるプラットフォームであり、パワーユーザーによるデータ分析を組織的に活用可能にします。

今までTableau Server、Tableau Onlineを使ったことがないという方も、Tableau Creatorをお使いいただくことで、明日からこのパワフルな機能を体感いただけます。

※新製品発表のニュース、ブログなどはこちらから参照いただけます。

無料ライブオンラインセミナー

Tableau Server、Tableau Onlineを使ってみよう

機能全般説明、ライセンスの説明に加え、仮想的にDatabaseとして利用できるData Server機能など、利用例を織り交ぜながらTableau Server、Tableau Onlineの概要についてご紹介します。

今すぐ登録

Tableau Server

すべての人が、あらゆる場所で使える分析環境

Tableau Server は、データ分析を組織的に活用するための豊富な機能が内包されています。お客様のご要望に応じたシステム環境で Tableau を活用いただけます。

Tableau Server の詳細

Tableau Online

すべての場所の、すべての人のための分析環境

Tableau Online は、完全クラウドベースの分析プラットフォームです。このプラットフォームにダッシュボードをパブリッシュすることで、誰とでもデータからの発見を共有できます。

Tableau Online の詳細

ホワイトペーパーダウンロード

セルフサービス分析の文化を築く方法

分析の文化を持つ組織は、従業員にデータを探索して答えを見つけられる環境を提供し、従業員の好奇心を満たしながらビジネスを前進させます。
ホワイトペーパーを読む

インサイトを共有し、インパクトを生み出す: Tableau でデータとダッシュボードを共有するための 5 つのヒント

分析の効果を高めるために、チームメイトがインタラクティブなビジュアライゼーションや正確なデータにアクセ
スできるようにします。
ホワイトペーパーを読む

規模に応じたセルフサービス分析の管理: 概要

組織全体がインサイトを引き出し、意義のある大きな変化を推進するには、各部門が連携してインサイトを伝え、それぞれが持つ情報を活用する必要があります。そして、IT 部門はこのすべてを可能にする中心的な役割を果たします。
ホワイトペーパーを読む

Tableau を使って良かった点は、生産性の高さというものがあると思っています。これまで簡単な修正でも 1 週間ぐらいかかっていたんですが、Tableau 導入後は、数秒でレポートの修正をして、また数秒で Tableau Server にアップロードできます。

世界のトップ企業が Tableau を使ってデータを見て理解し、業績改善、生産性向上、ビジネスチャンスの拡大につなげています。

カスタマーストーリー

多くのお客様が Tableau Server、Tableau Online を導入し、データ分析を組織的に活用しています

資生堂、ワタシプラスを支えるアナリティクス

施策の進捗状況や目標の達成状況のダッシュボードをキャンペーン毎に作り、Tableau Server 上に公開してメンバーが自由に見られるようにしています。

パルコ、分析をO2O施策にリアルタイム反映

お客様の満足度や、お客様が不満に思ってらっしゃることを本部の分析担当者だけでなく、店舗の営業担当者とすぐに共有できるようになりました。

NTTデータ、ユーザー部門むけにセルフBI基盤を提供

最大のメリットと感じている点は、タイムリーかつセキュアにレポートを共有できるという点かと思っています。