ビルド番号

10500.18.0109.1050


リリース日

2018-01-10


製品サポート

詳しく読む

インストールガイド
Tableau Server のインストールと構成

アップグレードをお考えなら
Tableau Server アップグレードページ

新機能

Linux 版 Tableau Server

10.5 から、Tableau Server が Linux で利用できるようになりました。詳細は、Tableau Server on Linux: ここから開始をご覧ください。

データアラート用にサーバーパフォーマンスを最適化

全体的なパフォーマンスを改善するため、Tableau Server はすべてのアラートに対するデータ条件を次回確認するときにのみ、失敗したデータアラートを再確認します。tabadmin set オプションの dataAlerts.retryFailedAlertsAfterCheckInterval を変更することで、失敗したデータアラートを 5 分ごとに確認するという以前の設定に戻すことができます。

プロジェクトのネスト

大規模なエリア内のコンテンツのセグメントを作成する場合は、今すぐプロジェクトの階層を作成できます。各部門のプロジェクトを作成します。 たとえば、操作します。これらの各トップレベル プロジェクト、ユーザーがそれを使用する方法に基づいて、別のコンテンツの進行中の共同作業と認定のデータに接続すると言いますが、プロジェクトの階層でのアクセス権については、次を参照してください。コンテンツへのアクセスを管理するプロジェクトを使用してです。

プロジェクトは、ネストするため、既定のビューからプロジェクトをクリックすると結果が大きく変化しました。クリックすると、プロジェクト] メニューで、プロジェクト、ワークブックをすぐに表示するではなく、プロジェクトのページが表示されます。プロジェクトのページが存在する場合、ネストされたプロジェクトが表示されます。現在のプロジェクトに含まれているワークブックを表示するには、今すぐ必要でクリックして、ワークブックメニューです。

ページの右側に表示され規定では非表示になった、フィルターを使用した検索オプション

フィルターを使用した検索オプションは、ページの右側に表示されるようになり、規定の設定では非表示になりました。検索を使用するには、[フィルター] ページアイコンをクリックします。[フィルター] ペインが開いている場合は濃い色のアイコンで、[フィルター] ペインが閉じている場合は薄い色のアイコンで切り替えできます。検索について詳しくは、「コンテンツの検索」をご覧ください。

Hyper を使用した Tableau データエンジン

Hyper は抽出およびクエリパフォーマンスを高速化し、スケーラビリティを向上するために最適化された、Tableau の新しいインメモリデータエンジンテクノロジーです。大きなデータセットの分析と抽出の作成がより素早くできるようになりました。詳細については、「Tableau Server の新しいデータエンジン」を参照してください。

抽出に新しい .hyper 形式が使用されます

バージョン 10.5 から、新しい抽出に新しい .hyper 形式が使用されます。この新しい形式の抽出は改善されたデータエンジンを活用します。新しいデータエンジンは以前のデータエンジンと同じ分析とクエリのパフォーマンスをサポートしますが、さらに大きな抽出を処理できます。同様に、バージョン 10.5 で .tde 形式の抽出に抽出タスクを実行すると、 .hyper 形式にアップグレードされます。詳細については、「.hyper 形式への抽出のアップグレード」を参照してください。

Web 作成

Web 作成や Web 上でのビューの操作に関連する新しい機能や改善点については、「Tableau の新機能」および「Web 作成機能と Tableau Desktop 機能の比較」でご確認いただけます。Web 作成とビューの操作に関するトピックについては、「Web での Tableau の使用」を参照してください。

Tableau 製品のリリースについて

Tableau 2019.1

Ask Data と Prep Conductor、および PowerPoint へのエクスポートTableau の新機能をご覧ください。

既知の問題

Tableau 製品の問題の最新情報で、お客様の Tableau 導入に影響する可能性のあるもの。

Coming Soon

開発中の新機能をご覧ください。