ビルド番号

None


リリース日

2018-01-10


製品サポート

もっと読む

新機能

コメントを削除してデータに関する会話をすっきりさせる

コメントが脱線したり、不正確な情報が含まれていたりする場合、素早く削除することができます。右上の [X] をクリックします。コメントを削除できるのは次のユーザーです。

  • コメントを作成したユーザー
  • コンテンツの所有者
  • プロジェクトリーダー
  • すべての管理者

データソースの推奨

データソースの推奨は、Tableau Server と Tableau Online にパブリッシュされている関連データソースを Tableau Desktop ユーザーに表示します。提示される推奨内容は、現在のユーザーと同様の方法で使用している組織内の他のユーザーがどのようにパブリッシュされたデータソースを使用しているかに基づきます。データソースの推奨に関する情報は、Tableau ユーザーヘルプの「認定、推奨データソースおよびテーブルの使用」を参照してください。

プロジェクトのネスト

大きなエリア内のサブセクションにコンテンツのセグメントを作成したい場合に、プロジェクトの階層が作成できるようになりました。たとえば、部門ごとにプロジェクトを作成したとします。トップレベルの各プロジェクトで、認証済みデータへの接続や進行中の共同作業など、どのように使用されるかに基づいてコンテンツを分けることができます。プロジェクトの階層におけるパーミッションの詳細については、「プロジェクトを使用したコンテンツへのアクセスの管理」を参照してください。

プロジェクトはネストできるため、プロジェクトをクリックすると表示される既定のビューが変更されました。[プロジェクト] メニューをクリックすると、そのプロジェクトのワークブックではなくプロジェクトページが表示されます。プロジェクトページには、ネストされているプロジェクトがある場合、それらが表示されます。現在のプロジェクトのワークブックを表示するには、[ワークブック] メニューをクリックする必要があります。

抽出に新しい .hyper 形式を使用

抽出の作成時に新しい .hyper 形式が使用されます。この新しい形式の抽出では、改善されたデータエンジンを使用します。新しいデータエンジンの分析およびクエリのパフォーマンスは以前のデータエンジンと同様ですが、さらに大きな抽出を処理できます。同様に、.tde 形式の抽出に抽出タスクを実行すると、.hyper 形式にアップグレードされます。詳細については、「.hyper 形式への抽出のアップグレード」を参照してください。

Desktop のオペレーティングシステム要件 (32 ビットから 64 ビットに)

バージョン 10.5 以降、Tableau Desktop、Tableau Reader、Tableau Public (デスクトップ) が 64 ビットのオペレーティングシステムでのみ動作します。Tableau 10.4 が、32 ビットの Windows オペレーティングシステムをサポートする Tableau Desktop、Tableau Reader、Tableau Public の最後のバージョンになります。

Web 作成の新機能

  • Web での軸の編集Web 上で [軸の編集] ダイアログボックスを開くには、ビューの軸をダブルクリックします。軸の編集ダイアログボックスで利用可能なオプションには、[二軸を同期]、[軸範囲の消去 (リセット)]、[目盛りの編集] があります。フィールドコンテキストメニュー (行または列シェルフのメジャーフィールドを右クリック) で二重軸の有効・無効を切り替えることもできます。
  • ダッシュボードにテキストオブジェクトを追加して編集します。
  • ワークシートとダッシュボードのタイトルを編集します。タイトルをダブルクリックし、[タイトルの編集] ダイアログボックスを開きます。
  • 傾向線を編集して傾向モデルの説明を表示します。傾向モデルを表示するには、傾向線にカーソルを合わせます。Web 上で傾向線を編集するには、傾向線をクリックしてカーソルをその上に置いたまま、[編集] メニューをクリックします。
  • これで傾向線に [累乗] オプションが含められます。
  • [データ] ペインでディメンションを別のディメンションにドラッグして、階層を作成します。
  • フィールドに既定のカラープロパティを設定します。
  • 定量的色の凡例の場合、高度な設定が利用できます (日付を除く)。

このリストは、新機能の情報をまとめたものです。これらの機能に関する詳細やヘルプについては、「Tableau Online の新機能」を参照してください。