Huawei 社、Tableau との提携でデジタル変革を推進


私たちはセルフサービス分析の文化を推進するツールを探していました。その目的は、ビジネスを改善し、価値を創造するためです。セルフサービス分析ツールとして、Tableau は Huawei 社に 2 つの大きな利点を提供しました。1 つ目は、素早く操作できること。2 つ目は、コーディングが不要なため、製品を迅速に開発できることです。これら 2 つの要素はビジネスにとって非常に重要です。

Huawei 社は、情報通信技術 (ICT) ソリューションのグローバルプロバイダーとして、常に最も競争力の高い ICT ソリューション、製品およびサービスの提供に真剣に取り組んできました。通信事業者、エンタープライズ顧客、および消費者に最大の価値を提供し、すべてが接続されたより優れた世界を実現することを目指しています。

現在、Huawei 社は世界中の 170 を超える国と地域でビジネスを展開しており、世界の人口の 3 分の 1 を超える人々にサービスを提供しています。その国際的なビジネスの著しい成長に伴い、デジタルオペレーションのコストも増加し続けています。その結果として、同社は 2017 年に Tableau と提携しました。その目的は、データビジュアライゼーションのグローバルリーダーと連携することで、セルフサービス分析の企業文化、ビジネス上の意思決定およびイノベーションを推進し、ビジネスの可能性とビジネス価値の向上を実現することです。

セルフサービス分析ツールとして、グラフやチャートで最新のビジュアルエクスペリエンスを提供する Tableau では、強力で迅速なデータ統合が可能であり、コーディングも不要なため、Huawei 社のデジタルオペレーション全体に非常に重要な役割を果たしています。運用コストが大幅に削減されただけでなく、デジタル分析プロセスも大幅に推進されました。これまでに Huawei 社の 3,000 人近くの従業員が Tableau を使用しており、作成されたチャートを 1 万 5,000 人以上が活用しています。また、数十万もの重要なレポートが生成されています。

ビジネスについては、Tableau でビジネスの分布パターンを効果的にビジュアル化することで、ビジネスの欠点や問題が最初に明らかになるため、Huawei 社のビジネスの標準化と向上、およびビジネス価値の実現に役立っています。特に、世界中での品質関連のホットワードや品質関連インシデントの分析に関して、Tableau のセルフサービス分析を使用することにより、製品の欠点のパターンをビジュアル化することができます。これは、Huawei 社の製品品質を徹底的に改善するために非常に重要です。

また管理については、Tableau はまったく新しい考え方を Huawei 社にもたらしました。100 人以上の従業員と数カ月にも及ぶ作業によって完了していた分析やアプリケーションが、今では Tableau を使用して 1 週間で完了できるため、80% 近く開発コストを削減できます。Tableau は、開発サイクルの加速化と開発コストの削減だけでなく、より多くの人材の解放にも役立っています。このため Huawei 社はより迅速かつ適切にデータを活用して、最終的には自社の開発方法を見つけることができます。

Tableau は Huawei で非常に役立っています。これまで、分析やアプリケーションの開発と構築には 100 人以上の従業員による数か月の作業が必要でした。今では Tableau を使用することで、その作業のすべてを約 1 週間で完了できます。開発コストは 70 ~ 80% も削減でき、開発サイクルも加速化されています。また、そのプロセスにおいて、操作方法を簡単に調整することもできます。

こちらもご覧ください