Tableau の TCO

業界アナリスト会社 2 社が Tableau の所有コストは他社製品より低いという調査結果を発表

ガートナー社による調査分析: 分析および BI プラットフォームの所有コスト (英語)

Tableau などのモダン BI プラットフォームの導入コストは、「メガベンダー」のソリューションに比べ、3 年間でユーザー当たり 39% 低いことがわかりました。

レポートを読む (英語)

International Institute of IT Economics (IIIE) 社による Tableau の TCO 調査 (英語)

Tableau は Power BI と比べ、導入コストが 29% 低いことがわかりました。コストが低いのは、データを効率的に分析し探索することができるためです。

調査結果を読む (英語)

ソリューションの TCO を考えなければならない理由

ビジネスインテリジェンス (BI) プラットフォームの所有と保守にかかる総コストのうち、ソフトウェアライセンスのコストが占めるのは比較的小さな部分に留まります。BI の実際の TCO は、ライセンスのオプションが複雑であり製品スイートも細分化されすぎているために、完全に理解することが難しくなっています。

モダン BI プラットフォームを選択する際は、それによって実現される価値と比較して、全社に導入するための複数年にわたる総コストを、以下の点を含めて考慮する必要があります。

  • 全機能を導入するために必要な追加コスト

    BI プラットフォームの検討時は、インフラストラクチャ、導入、保守、そしてシステムの導入と規模拡大に必要な IT 部門のフルタイム従業員 (FTE) にかかる、複数年のコストを考慮しなければなりません。ほとんどの組織において、TCO を押し上げる最大の要因は IT 部門の FTE のコストです。しかし、Tableau は柔軟なエンタープライズプラットフォームであるため、複数の製品を導入しなくても成功につなげることができます。その結果、ライセンスコストを低く抑え、IT 部門の長期的な負担も減らすことができます。

  • 将来に向けたスケーラビリティ

    BI 導入環境を利用するユーザーが時とともに増え始めると、使用事例は次第に複雑になり、ユーザーを支えるために必要な基盤テクノロジーも変化することがあります。たとえば、規模を拡張するために、別のインフラストラクチャ、社外のサービスプロバイダー、スタッフの追加が必要な場合、コストが急増する可能性があります。しかし、Tableau は拡張可能な統合プラットフォームであり、あらゆるデータ戦略に対応できる柔軟性を持っているため、現在も将来も活用できるソリューションとして導入することができます。

  • 市場投入と導入までの時間

    TCO で見逃されることが多いのは、組織全体のユーザーに対するソリューションを構築し導入するまでにかかる時間という要素です。BI プラットフォームは、組織のユーザーが利用して初めて効果を発揮します。組織の誰もがデータから新しいインサイトを見出せるようになると、多くの場合はそのメリットが TCO を相殺し、さらには大きく上回ります。そこで、Tableau はカスタマーサクセスに積極的に取り組んでおり、ユーザーがトレーニングやフォーラム、活発なコミュニティを利用して、短時間でより多くのインサイトを得られるようにしています。BI プラットフォームでは必ず、組織にもたらす価値と比較して TCO を評価しましょう。

結果的な生産性を見れば、軽く 10,000 ~ 20,000 時間分の工数に相当すると言えます。これは、Tableau の導入による自動化と標準化の成果です。しかし、それ以上に私にとって意味があるのはビジネス価値です。これは簡単に金額に置き換えることはできないものです。

BI の真のコストを評価する

ケース スタディ
Brown-Forman 社

ジャックダニエル製造元の Brown-Forman 社が、柔軟性と先行投資の削減を求めて、Tableau のサブスクリプションモデルを導入した事例をご紹介します。

ホワイトペーパー
BI と分析環境の評価ガイド

BI プラットフォームを評価し選択する方法をご覧ください。

オンラインセミナー
組織に最適な BI プラットフォームを選ぶ方法

戦略的な意思決定によって組織独自の環境に合った分析プラットフォームを選定する方法を、2 部構成のオンラインセミナーシリーズでご覧ください。

総コストが低くもたらす価値は高い Tableau