Tableau 10.3

データドリブンなアラート、スマートな結合など

今すぐアップグレード 新機能を確認

Tableau 10.3


コラボレーション
  • データドリブンなアラート
  • Web 作成機能の強化
  • ストーリーポイントのナビゲーター
  • Android アプリの改良
  • Tableau Online のユニバーサルリンク
  • Tableau Server のスマートバナー
データ
  • 表と結合のスマートリコメンデーション
  • PDF コネクタ
  • Amazon Athena コネクタ
  • MongoDB BI コネクタ
  • ServiceNow ITSM コネクタ
  • Dropbox
  • Microsoft OneDrive
  • JSON コネクタの強化
  • ユニオンの改良
エンタープライズ
  • サブスクリプションのカスタム設定
  • REST API でデータソースやビューのタグ付けをサポート
  • REST API でサイトの切り替えをサポート
  • REST API でサイトの取得をサポート
  • JavaScript API で元に戻す/やり直す機能のカスタマイズをサポート
  • 自動クエリキャッシュ
  • Tableau Online 用の Tableau Bridge
ビジュアル分析
  • 最新の日付のプリセット
  • 均等配置
  • ツールヒント内の選択機能
  • マップデータの追加
  • 合計への表計算フィルターの適用

一歩進んだコラボレーション

Web 作成とモバイル機能の強化、データドリブンなアラートの組み込みによって、データドリブンな意思決定がさらに容易になります。

Tableau Server のデータドリブンなアラート

Tableau Server のデータドリブンなアラートで、ビジネスの状況を常に把握できます。しきい値を選択して、自分やチーム全体にアラートメールを送信できます。わずか数クリックでアラートを設定する方法をご確認ください

Web 作成機能の強化

Web 作成の機能がさらに強化されました。ストーリーポイントを作成して、埋め込みデータソースをブラウザから直接パブリッシュできます。連続軸でのドリルアップ、マップの表示オプションの変更、ビンの作成が可能になり、数字の書式設定が簡単になります。Web 上で質問の答えを見つけるのが、今までよりもさらに簡単になります。

ストーリーポイントのナビゲーター

ストーリーポイントのナビゲーターに新しいオプションが追加されます。ドットスタイルの追加によりナビゲーターの操作がスムーズになり、新しい表示の切り替え方法も加わります。操作がシンプルになって、さらに簡単にデータストーリーを作成できます。

スマートなデータアクセス

さらに多くのコネクタとスマートリコメンデーション機能で、オンプレミスからでもクラウドからでも分析に適切なデータを得られるようになります。

表と結合のスマートリコメンデーション

最適なデータを見つけてすぐに分析を始めることができます。機械学習を活かして、組織のデータソースの利用指標に基づく、データベースの表や結合のおすすめが表示されます。分析に必要なデータベースの表や結合を見つけるのがどれほど簡単になったかをお確かめください

PDF コネクタ

データを PDF 内の表から直接 Tableau に読み込んで、探索し分析することができます。PDF データの分析を数秒で開始する方法をお確かめください

ユニオンの改良

Tableau Desktop からデータベースの表をまとめることで、時間を節約できます。データベースのユニオンでサポートされるデータベーステクノロジーが増えました。Aster Database、Cloudera Hadoop、Greenplum、IBM DB2、IBM Netezza、SybaseASE および SybaseIQ の表のユニオンができるようになります。

簡単なビジュアル分析

質問の答えを見つける楽しさが後を引くようなビジュアル分析機能です。

ツールヒント内の選択機能

データの関係性をすぐに把握できます。ツールヒント内でカテゴリーを選択すると、ビュー内の関連するマークを簡単に見つけることができます。ツールヒントでの選択を分析に反映する方法をご覧ください

最新の日付のプリセット

最新のデータから分析を始めましょう。フィルターを設定して、ワークブックを開くとすぐ最新の日付値が自動表示されるようにできます。

ダッシュボード内の均等配置

見た目にもすばらしいダッシュボードをすばやく作成できます。ダッシュボード内のオブジェクトをワンクリックで均等配置できます。

マップデータ

マップデータ機能が新たに強化され、Tableau で地理空間データをすばやく表示できるようになります。フランスの地域の名称、NUTS と空港コード、オランダの行政区画 1/行政区画 2 のデータ、オーストラリアの LGA が更新され、ニュージーランドの郵便番号に対するポリゴンのサポートが追加されました。

合計への表計算フィルターの適用

合計に表計算フィルターを適用した場合のフィルターメニューに新しいオプションが追加されます。

エンタープライズクラスの機能

API の機能拡張、サブスクリプションのスケジュール設定のカスタマイズ機能、Tableau Bridge などが加わり、データ環境をさらに活用しやすくなります。

Tableau Online に対するサブスクリプションスケジュールのカスタム設定

十分なデータを手にして 1 日を始められます。重要な Viz に対するサブスクリプションのスケジュール設定をカスタマイズして、いつでも受け取ることができます。いつサブスクリプションを受け取るかを自分で管理できるようになります。

抽出更新後の自動的なクエリのキャッシュ

Tableau Server 上の抽出に接続するワークブックの読み込み時間を短縮できます。抽出を更新した後、ワークブック内のすべてのビューのクエリを自動で事前にキャッシュできるようになり、ユーザーが初めて読み込む際のパフォーマンスが向上します。

Tableau Online 用の Tableau Bridge

Tableau Online からオンプレミスデータにライブ接続できます。クラウドへの移行をご希望の場合は、Tableau Bridge をお試しください。Tableau Online から、ファイアウォールの背後に置かれたオンプレミスのデータに対して安全なライブ接続を確立することができます。Tableau Bridge を利用することで、オンプレミスの既存のデータベースを Tableau の SaaS ソリューションで活用することができます。

ベータ版