ラーニング

ホワイトペーパー

すべてのホワイトペーパーをご覧いただけます。

  • ビジネス分析

データ準備から財務レポートへ: 迅速な分析を実現する 3 つの例

財務データは煩雑です。分析用に財務データを準備し、変換するためには、多くの手作業と時間が必要になります。ソースシステムからエクスポートし、多数のクリーニングおよび変換作業を実行した財務データへの信頼性を、どのようにして構築することができるのでしょうか。データおよびロードマップに対する十分な信頼を得るために必要なのは、すべてのデータを安全で管理されたデータベースに格納することです。しかし、...

  • IT およびエンタープライズ

Tableau Server のディザスタリカバリ

注: このホワイトペーパーは、Tableau サービスマネージャーを使用した Tableau Server バージョン 2018.2 以降が実行されていることを前提にしています。 ディザスタリカバリ (DR) とは、ディザスタ (災害や障害) に対する予防措置、および復旧措置を意味します。事業中断の原因となるハードウェア障害、ソフトウェア障害、自然災害、人的ミス、...

組織の混沌としたデータ準備の管理

データドリブンな組織の新しい基準であるセルフサービス分析では、データを活用できるようにするために多くのユーザーが、利用可能なツールや機能を使用してデータ準備を行います。それらの作業にはカット & ペーストや、サーバーにとって最適ではない膨大な計算式の記述が含まれます。アナリストでさえ、自分の業務の大部分は分析ではなく、実際にはデータのクリーニングや形式変換であると報告しており、...

  • ビジネスインテリジェンス
  • データディスカバリ
  • Data Prep
  • データを操作する

「データに聞く」機能で自然言語を使用して分析するためのデータ準備

自然言語処理に対応した Tableau の「データに聞く」機能は、Tableau Server または Online にパブリッシュされたデータソースのすべてと連携できるように構築されています。ただし、「データに聞く」機能のすべての利点を活用するには、最適な分析的会話をサポートするようにデータソースを適切に整理する必要があります。 優れたユーザーエクスペリエンスを実現するために、...

  • ビジネス分析

Tableau Server の高可用性: Tableau サービスマネージャー (TSM) で規模に応じたミッションクリティカルな分析を実行する

注: Tableau Server のバージョン 10 ~ 2018.1 (Tableau サービスマネージャーなし) を実行している場合は、...

  • ビッグデータ
  • ビジネスインテリジェンス
  • データディスカバリ
  • データビジュアライゼーション
  • データを操作する

Tableau とビッグデータ: 概要

今日、「ビッグデータ」は単なるデータです。ただその量は多く、ビッグデータを分析する使用事例は増え続けています。データのキャプチャ、保存、処理、管理の手段は継続的に出現し、進化しています。それに応じてビッグデータ分析戦略には、変化を続けるビジネス需要を満たす柔軟性とアジャイル性が必要になっています。 Tableau には、誰でもデータを使えるようにするべきであるという信念があります。...

  • 埋め込み分析

データの製品化 - データサイエンティストからデータビジネスオーナーへ

データ製品の開発に戦略はありますか? 企業は、持っているデータ資産の経済的価値の計測と評価をますます進めています。今後は、データ自体の価値の評価に加え、データを基にした新しいビジネスモデルから生み出される収益も極めて重要な役割を担うでしょう。データ製品や分析サービスの利用が増えるに従って、データ収益化の機会と埋め込み分析の統合を探る組織も増えています。 ...

  • ビジネスインテリジェンス

データで銀行業界のカスタマーエクスペリエンスを変革する 3 つの方法

デジタルの世界では、顧客は銀行に対して、従来ばらばらだったものをすべてつなぎ、シームレスで個人個人に合わせた満足のいくオムニチャネル体験を提供することを求めています。顧客が実店舗を訪れる場合でもモバイルアプリを利用する場合でも、銀行はニーズを把握して先取りできなければなりません。 そのような対応力の鍵となるのは、データを読み解くことです。データを利用して、新たな形の顧客セグメンテーション、...

  • ビジネス分析

データを活用して営業分析のイノベーターになるには

営業分析チームは、営業組織と会社全体にとって重要な、戦略に貢献する存在になりつつあります。それは、競争優位を獲得するにはデータ分析を中心に据える必要があると気づいた企業が増えているためです。 営業分析担当にとってデータ分析を活用する機会とそのビジネス上の必要性は高まってきており、すべてのデータを組み合わせられる柔軟な分析プラットフォームの利用によって新たな可能性の扉が開かれます。たとえば...

  • ビジネスダッシュボード
  • Visual Analytics

営業分析を成功に導く 4 つの基本事項

営業組織は、全体像を理解することで競争力を構築します。売上実績、費用対収益比率、ノルマ達成などの営業 KPI は、全体像を構築するのに必要な多くの指標のほんの一部に過ぎません。強力なビジネスインテリジェンスおよび分析プラットフォームがあれば、これらのデータのすべてと、サイロ状態のデータベースやスプレッドシート、CRM など、その他のデータも活用することができ、...