2017 年ビッグデータのトレンド Top 10


概要: 

2016 年は、あらゆる形態とサイズのデータを保存および処理して価値を引き出す組織が増え、ビッグデータを語るうえで重要な年となりました。2017 年も、構造化データと非構造化データのどちらでも大量に扱えるシステムが増え続けるでしょう。市場では、エンドユーザーでもビッグデータを分析できるようにしながら、データ管理者がビッグデータを管理しセキュリティを確保するためのプラットフォームが求められると予想されます。こうしたシステムは洗練され、企業の IT システムおよび標準として活用されるようになります。

次は、どのような方向に進むのでしょうか? このホワイトペーパーでは、次のような 2017 年のビッグデータのトレンドを紹介します。

  • ビッグデータの加速と一般化: Hadoop を高速化する選択肢の増加
  • 最初から価値を促進するために組織が最初からデータレイクを活用
  • Spark と機械学習がビッグデータを活性化

続きを読む...

こちらもご覧ください