公衆衛生管理を実現するための 5 つのベストプラクティス


概要: 

医療改革によって、診療ごとの個別支払いモデルから、質に基づく支払い、価値に基づく医療へのパラダイムシフトが加速しています。そして医療組織は、移行を成功させるために、個々の患者と集団のデータで実践的な分析を求めるニーズが急速に高まりつつあります。

医師、医療提供者、保険者のすべてが、緩やかな変革に留まらず臨床転帰や財務・運営上の成果を改善するために、データからより良いインサイトを必要としています。

価値に基づく新たな医療モデルを導入し、プロセス、医療現場、テクノロジーシステムに公衆衛生管理を統合しようとしている組織であれば、まずデータに着手しなければなりません。

このホワイトペーパーでは、次の方法について説明します。

  • 医療従事者が、データに関する自分の質問に自分で答えを見つけられるようにする
  • セグメント化したデータによる公衆衛生の評価
  • データビジュアライゼーションを使った包括的な医療連携
  • 集団と個人のリスクのトラッキングと理解
  • 患者関係の積極的な管理

続きを読む...

こちらもご覧ください