SAP を使ったビジネスインテリジェンスレポート


概要: 

ビジュアル分析を導入することで、SAP ソリューションに対する ROI が劇的に向上し、ユーザーによる SAP データの活用も広がります。 Tableau を使うことで、SAP を導入している組織の多くのユーザーは、SAP システムを利用するメリットを実感することができます。 依頼してから作成に時間のかかるレポートでしかデータに触れることができなかったユーザーが、Tableau を使うことでセルフサービスでデータ分析を行えるようになります。

Tableau を SAP に接続し、リアルタイムデータ分析を効率的かつ効果的に行うさまざまな方法を紹介します。

本ページではホワイトペーパーの一部をお読みいただけます。 全ページをお読みいただくには、右にあるボタンで PDF をダウンロードしてください。


SAP を使ったビジネスレポート

組織で SAP を導入している場合、次のような状態のいずれかになってはいないでしょうか。

  • 組織全体に導入された SAP を ユーザーが活用している。システムにも多くのデータフローがあるが、 ビジネスレポートを作成するプロセスに時間がかかりすぎている。
  • 少し前に SAP を導入したものの、会社全体では活用しきれていない。 多くのユーザーがシステムに不満を持っており、そのほとんどができる限り SAP システムの使用を避け、過去のソリューションを使用している。
  • 一部の部門でプロジェクトが実行されているが、それ以外で使用する部門が増える兆しはない。 SAP の使用は、導入を提唱しプロジェクト資金を出した部門に集中している。 プロジェクトで期待された効果を十分に得られないと感じているものの、何を期待して導入したかの記録がない。
  • システムが導入されてから何年か経ち、 すべての企業データがそのシステムに保管されている。 多くの標準的なビジネスレポートが定期的に作成され、配布リストに送信されている。 SAP には多くのデータがあるが、データにアクセスすることが難しい。 全システムを活用できている部門や担当者はわずかである。

SAP の実装でさらに価値を得る方法の 1 つは、もっと多くの人にデータ分析をできるようになってもらうことです。 多くの場合、SAP には意思決定に利用できる重要なビジネスデータが保管されていますが、従業員がデータにアクセスできずデータ分析を行えない状態では意味がありません。

多くの企業が、Tableau を使用して ERP システムに命を吹き込んでいます。 Tableau を使って SAP に直接接続することにより、SAP の中のデータからインサイトを導きだすことができるようになります。 この接続により、ユーザーははじめてインタラクティブにデータ分析を行えるようになり、SAP の利用が促進されます。

分析できることで、さらに高まる SAP データの価値

製造業での使用事例

製造業では、多くの工程、コンポーネント、サブアセンブリが最終製品の品質やタイムラインに影響します。 Tableau を使用すれば、組織は数値で測定できる項目を追跡し、スピードと一貫性を確保できます。

さらに、ダッシュボードはリアルタイムに自動更新され、開くたびに最新のデータが表示されます。 SAP システムのクエリをマニュアルで作成する必要はありません。

投資銀行での使用事例

投資銀行業務でパラメーターを扱うことは難しい場合があり、数値の表としてデータが示されている場合は特に困難になります。 Tableau なら、マニュアルのクエリより 10 倍から 100 倍も速く、その表からインサイトを得られるようになります。 下の例では、業種、リスクレベル、会社規模、トップの成績を出している個別シェアごとに、利益がわかりやすく表示されています。

散布図で低い外れ値を選択し参照元データをさらに詳しく見ることできれば、損失の背後にある理由を調査できます。 このようにして得られたインサイトを活かすことで、将来的な損失を防ぐための安全措置を安定して実施できるようになります。

さらに詳しく読みたい方は、 ホワイトペーパーをダウンロードしてください。

続きを読む...

こちらもご覧ください