効果的なダッシュボードを作成するための 6 つのベストプラクティス


概要: 

データに基づくダッシュボードの特徴は、思考と同じ速度でデータを見て理解できることです。しっかりと練られたダッシュボードがあれば、ビジネスリーダーもナレッジワーカーも、リアルタイムで質問に答えられるようになり、インサイトに基づいて行動することで真のイノベーションをもたらすことができます。

実際にダッシュボードを作成してみると、いくつものミスによって効率や正確性が損なわれ、何時間もの時間が無駄になることも少なくありません。

では、組織の目標に見合ったダッシュボードは、どうすれば作成できるのでしょう。自分の仕事、自分のチーム、自分の会社に適したダッシュボードを、どのように作成すればいいのでしょうか。

このホワイトペーパーでは、次のことについて説明します。

  • データの場所を問わず、すべてのデータをダッシュボードに接続する方法
  • 複数のソースからのデータをブレンドし、全体的なビューを作り出す方法
  • 組織の目標を反映した重要なダッシュボード指標の選び方
  • データに最も適した種類の表やグラフの利用方法
  • 外出先でモバイル分析にアクセスし効率性とスピードの向上を図る方法
  • ダッシュボードを共有して同僚、パートナー、顧客と連携する方法
  • ボーナス: ダッシュボードについて回避する必要がある 5 つの間違い

最初の数ページをプレビューとしてお読みいただけます。全ページをお読みいただくには、右にあるボタンで PDF をダウンロードしてください。


ダッシュボードは、データから実用的な情報を抽出するための効果的なツールですが、軽視されたり、うまく活用されなかったりするケースも多く見られます。

十分に計画されたダッシュボードを利用すれば、組織内の作業を連携させ、意思決定を迅速に行い、パフォーマンスの結果を追跡して ROI を向上させることができます。しかし、実際にダッシュボードを作成してみると、いくつものミスによって効率や正確性が損なわれ、何時間もの時間が無駄になることも少なくありません。

全体像を把握し、データに基づく意思決定を迅速に行うためには、優れたダッシュボードを作成する必要があります。多くのデータセット間で実際に何が起きているのかを示し、複数の指標から相関パターンを抽出し、サマリーと詳細の両方でパフォーマンス評価を提示できるダッシュボードです。「真実を語る唯一の資料」であるダッシュボードも、神話ではなくなります。

では、そんな理想を実現できるダッシュボードは、どうすれば作成できるのでしょう。自分の目標、自分のチーム、自分の会社に適したダッシュボードを、どのように作成すればいいのでしょうか。

こうしたニーズを満たすダッシュボードは、どのようなデータにも接続でき、複数のデータソースをブレンドする機能を備えています。さらに、迅速に理解できるようデータを視覚的に提示し、共有し、モバイルのオプションを提供することで、共同作業と利便性が改善されます。

ダッシュボードを改善するために、まずはこれから紹介する 6 つのベストプラクティスを検討してみてください。さらにボーナスセクションには、読者の皆様に回避していただきたい 5 つの重大な間違いを記載しています。

1. あらゆるデータに接続する

データがあれば、それをダッシュボードにして分析し、その意味を知りたいと思うでしょう。ただし、大量のデータがさまざまな場所に存在しているかもしれません。まずは、答えを探している質問の回答につながる全データ (社内、社外を問わず) に接続する必要があります。 アクセスしやすいデータだけで満足してはなりません。ダッシュボードを使ってビジネス上の重要な意思決定を下すのであれば、どこに存在していようと関連データをすべて用意することが必須です。

過去には、組織の全データを 1 か所に集めることが求められる時代もありました。しかし、絶え間ないイノベーションの結果、今日ではそのようなニーズはなくなり、ベストプラクティスでもなくなりました。

クラウドベースの分析ソリューションは、信頼性、パフォーマンス、セキュリティ、柔軟性の点で、今やオンプレミス型のテクノロジーに匹敵するようになったのです。オンプレミス型のウェアハウスであろうとクラウドであろうと、あらゆる場所にあるデータにアクセスできることが新しいベストプラクティスになりました。

カリフォルニア州アーバインに本社を置くプライベートジェットチャーター会社の JetSuite 社は、ダッシュボードを使って意思決定を速める必要に迫られていました。しかし、選ばれた少数の意思決定者にデータを集中させると、実際に事業運営のペースが落ちてしまうことに気づきます。

「すべてのデータを 1 か所に集め、1 つのグループだけがそのデータを見て意思決定をすべて行うのは、もはや有効ではないことがわかってきました。この方法は時間がかかり、あまりにも遅すぎるのです」と、JetSuite 社の社長 Keith Rabin 氏は説明します。

「そのため弊社では、意思決定とその権限をマネージャーに委ね、最終的に責任を負ってもらうようにしました。これを実現するためには、さまざまなシステムとさまざまなデータベースに集積されているビッグデータのデータセットを取得し、すべてをまとめて接続できるツールが必要です。そのツールを意思決定者たちに提供し、決定に必要なデータを確認できなければなりません」と Rabin 氏は語ります。

データをどこに保管するかだけでなく、どこで操作するかも選べます。ダッシュボードはデスクトップで作成されるかもしれませんが、適切な担当者が、どこにいようとそれを閲覧し操作できるようにしなくてはなりません。 別の地域にいる同僚でも、モバイル端末で仕事をしている営業チームでも、安全かつ簡単にダッシュボードにアクセスできなければ、誰も使ってはくれないでしょう。個々のニーズに応じた柔軟性を保つことが重要なのです。

「現代では、モバイル性とデータへのアクセスという概念が何よりも重要です。データを解放し、ユーザーにお届けすることが当社の目的です」と、JetSuite 社の IT ディレクター、Steve Roy 氏は説明します。「ファイアウォールや設定が正しいかどうか心配する必要はなくなりました。すべてクラウドにあるので、たとえ 40,000 フィート上空の JetSuite 機内からでも当社の役員はいつでも安全にデータへアクセスできます」

JetSuite 社では、さまざまな場所であらゆるデータを活用できるようになったため、各種の意思決定が迅速に行われるようになりました。迅速な意思決定が可能になったのは、JetSuite 社がダッシュボードをすべてクラウドにパブリッシュするようになったからです。では、その迅速な意思決定の中身はどうでしょう。「より正確になりました。これこそ、現代のビジネスに必要なことです」と Rabin 氏は語っています。

クラウドからオンプレミスまで、どんな場所にあるデータでも、すべて好きな方法で活用し、データが本来持つ可能性を引き出しましょう。

さらに詳しく読みたい方は、 ホワイトペーパーをダウンロードしてください。

続きを読む...

こちらもご覧ください