テキサス大学オースティン校での BI 導入が成功していることを示す兆候

BI 環境が整った後、何をすべきでしょうか。もちろん、別の環境を展開する必要があります。テキサス大学オースティン校では、お客様がより簡単にデータにアクセスし、調べ、理解できるよう支援するために、インタラクティブなデータビジュアライゼーションとアジャイルな分析のプラットフォームを導入しています。当初行われた Cognos の導入は成功したと判断されましたが、Tableau もその幅広い能力から、「不要なソフトウェア」ではないということがすぐにわかりました。2 つの BI ソフトウェアが利用できるようになり、すでに持っていた知識を使って、全 BI システムでパフォーマンス管理、キャパシティプランニング、セキュリティ戦略の導入に役立てることができました。

この 60 分のオンラインセミナーでは、次のような点について、テキサス大学オースティン校のベストプラクティスをご紹介します。

  • モニタリングおよびセキュリティソリューションの管理
  • 導入時の問題点の回避
  • 複数の導入レイヤーのサポート
  • 複数のデータソースへの接続
  • データビジュアライゼーションのプロジェクト、ワークブック、ビジュアライゼーションの作成

このプレゼンテーションでは、テキサス大学オースティン校が従来の BI プラットフォームと Tableau の違いについて説明しています。同校のモニタリングおよびセキュリティソリューションを示して、問題点や避けるべき点、そしてベストプラクティスについて発表しています。



こちらもご覧ください