クラスルームトレーニング

Visual Analytics

このイベントは終了しました。

対象: 情報やインサイトの共有のベストプラクティスについて詳しく学びたいと考えている、Tableau の経験者が対象です。ビジュアル分析コースでは、他のユーザーが簡単に理解して使えるビジュアライゼーションをデザインできるようになることを目指します。このコースでは Tableau でビジュアライゼーションを作成しながらディスカッションを行います。Tableau 製品の使用方法に関する指導は行いません。受講者はすでに Tableau の操作方法や使用方法を理解していることを前提としています。

前提条件: Tableau の使用方法をすでに習得しているユーザーを対象にしています。Desktop I: Fundamentals (初級~中級) コースおよび Desktop II: Intermediate (中級) コースを修了していることが望ましいですが、必須ではありません。このコースでは、製品の機能紹介や詳細な手順説明は行いません。

コース内容: 各トピックの主な概念を取り上げたコース資料を使って、実習を行いながらスキルや知識を学習します。また、プラクティスに関するディスカッションや実習用の Tableau ワークブックも提供されます。

ご持参ください: 必須ではありませんが、ご自分のデータやビジュアライゼーションのサンプルをお持ちになることをお勧めします。

形式と手順: 従来の指導方法 (講義、クラスでのディスカッション) とクラス内でのアクティビティを組み合わせます。

学習目標: このコースの目標は、分析スキルを強化し、ビジュアライゼーションに関するベストプラクティスを理解することで、より優れたアナリスト、デザイナー、コミュニケーターとなることです。このコースを修了すると、次のことができるようになります:

  • 感覚記憶と短期記憶を効果的に活用するビジュアライゼーションをデザインする。
  • 誤解を与えずに他のユーザーに情報を伝達するビジュアライゼーションをデザインする。
  • 特定の質問に答えを出すチャートタイプを効果的に使い分ける。
  • ビジュアルベストプラクティスを使ってダッシュボードやストーリーをデザインする。

コースの詳細またはバーチャルコースに関する FAQ

をご確認ください