対象: このコースは、Tableau のパワーユーザーになるために必要なスキルを身につけることを目的としています。Tableau を使って業務を行った経験が十分にあり、さらに高度な技術を習得したいと考える方に最適です。ワークシートやダッシュボードの構築についての基本概念を深く理解している一方で、より高度な技術が必要になると作業の手が止まってしまうという方が受講することを想定しています。

期間: クラスによって、1 日 2.5 時間を 5 日間、または 1 日 3 時間を 4 日間受講することになります。各セッションの後には、その日学習したトピックに関する 30 ~ 60 分の宿題があります。

前提条件: Tableau Desktop I: Fundamentals (初級~中級) または同等の経験。

学習目標: このコースを修了すると、次のことができるようになります。

  • より複雑なチャートタイプやビジュアライゼーションを作成する。
  • 複雑な計算式でデータを操作する。
  • 統計テクニックを用いてデータを分析する。
  • パラメーターや入力制御を使用してユーザーが特定の値を制御できるようにする。
  • 高度な地理的マッピング技術を使い、カスタムイメージやジオコーディングを利用して、非地理的データの空間的なビジュアライゼーションを作成する。
  • 分析用にデータを準備する。
  • データブレンディングを使用してデータソースを統合する。
  • 結合を使用して同じデータソースの複数の表からデータを統合する。
  • データエンジン、抽出、効率的な接続方法を用いて、ビジュアライゼーションを作成するだけでなく、機能させる。
  • 誘導形式の分析機能、インタラクティブなダッシュボード設計、ビジュアライゼーションのベストプラクティスなどのテクニックを用いて、より良いダッシュボードを構築する。
  • 効率性を高めるヒントとテクニックを使う。

コース内容: 各トピックの主な概念を取り上げたバーチャルコースマニュアルを使って、実習を行いながらスキルや知識を身につけます。受講者は、実習で使用する Tableau ワークブックやデータソースをお持ち帰りいただけます。

コースの詳細またはバーチャルコースに関する FAQ を確認してください。

こちらもご覧ください