営業組織は市場の変化をいち早くキャッチする最前線の部隊ですが、得られた情報の活用という観点では、ヒトに頼る部分が現在でも案外と多い、というのが実情です。

テクノロジーの進展で利用可能なプラットフォームやデータが増加しているものの、それぞれのシステムの中にデータが散在することによって全体像が見えにくくなってしまい、これを補うための手作業に多くの時間がかけられないことから結果的に特定領域のデータだけを活用しているというのもその理由の一つでしょう。

CRM や SFA、あるいは従来型のビジネスインテリジェンスを導入済という方でも、これからセールステックやマーテックの追加導入を考えているという方も、その先にあるデータ活用という視点で今一度営業組織の改革を再考してみましょう。

ライブウェビナー

オンデマンドセミナー