ラーニング

Tableau に接続するためのデータの準備

Tableau は適切に構造化されているデータを好みます。Tableau で簡単に分析するためのデータの整理方法をご紹介します。

これらのテクニックを使えば、データファイルを Tableau で分析するための準備ができます。データがデータベースに保管されていてアクセスできない場合は、ドライバーページを確認するか、組織内のデータの専門家にお問い合わせください。

分析に適したデータの例

すっきりとしたデータ = 簡単な分析

Tableau での分析には、ここに紹介しているような表またはスプレッドシート形式のデータが最適です。データを使用する前に準備が必要な場合は、以下の Tableau のビルトインツールの詳細をご覧ください。

データのクリーンアップ方法

Tableau Prep

Tableau Prep は、すばやく自信をもってデータを結合し、分析に適した形式へ変換し、クリーニングできるようにし、分析を開始するためのデータを準備します。Tableau Prep の柔軟なビジュアル体験により、データの理解が深まります。結合、ユニオン、ピボット、集計などの、一般的にもかかわらず複雑なタスクを簡素化して、視覚的に実行できるようになります。Creator ライセンスプログラムで Tableau Prep にアクセスできます。

Tableau Prep の使用

ピボット

クロス集計形式で保存されたデータは分析が困難な場合があります。1 種類の情報が複数列に保存されている場合、列から行にデータをピボットすることで、データが大幅に扱いやすくなります。Tableau のネイティブピボットオプションで、この操作が簡単に行えます。

データのピボット

データ型

それぞれのフィールドにはデータ型を示すアイコンが表示されます。Tableau はこれを基に、適切なデータの形式、解釈、使用方法を判断します。たとえば、地理的フィールドはマップに表示でき、ブール型フィールドには真と偽のどちらかの値しか含まれません。データ型は、アイコンをクリックすることにより変更できます。

データ型の変更

フィールドを複数フィールドに分割

データによっては 1 つのフィールドに複数の情報が含まれているものもあります。顧客の姓と名が 1 つの列に含まれているのが一般的な例です。 このような場合の多くは、それぞれの情報が別の列に収められているほうがデータを分析しやすくなります。Tableau の分割またはカスタム分割機能で、値を複数の列に分けることができます。

フィールドの分割

Tableau Desktop で簡単にデータを準備する

Tableau Desktop を使用してデータを整理する

データインタープリター

データインタープリターは Tableau Desktop のビルトインツールです。データへの接続後、Tableau がデータ内にサブテーブルを検出すると、データインタープリターをオンにするかのオプションが表示されます。データインタープリターはサブテーブルを引き出し、関係のない情報を除外します。

データインタープリターの使用

その他のデータ構造に関するトラブルシューティング

この他にもよく見られる、Tableau での分析を困難にするデータ形式に関する問題への提案もご覧ください。


データの修正

これらのデータセットで実践

これらの頻繁に利用されているパブリックデータセットを Tableau で探索し、他の適切なデータ構造の例をご覧ください。


Rolling Stone トップ 500 アルバム

アルバムがいつトップ 500 入りするのか見てみましょう。

ラスベガス Yelp レビュー

ラスベガスで Yelp のレビューが最高 (最低) のレストランはどこでしょう。

夏のオリンピックメダリスト

2012 年夏のオリンピックメダリストにはどのような興味深い事実があるでしょう? データには出身国、種目、メダル、性別などの基準が含まれています。The Guardian によるデータです。

調査データを Tableau に適する書式に設定

生の調査データは扱いにくいことがあります。Tableau Zen Master の Steve Wexler による詳細な手順を追えば、これらのデータが簡単に扱えるようになります。


調査データの準備