あともう少しです!

フォームへの記入は約 15 秒で終わります。すでに登録している場合は、サインインしてください。

データカルチャープレイブック

データでビジネスの回復力を確保するためのガイド

プレイブックを入手

データはもはや単に競争力ではなく、組織の健全性、そして多くの場合、存続に不可欠です。


COVID-19 パンデミック初期において、データカルチャーを持つ組織は明らかに有利な立場にありました。こうした組織は、変化を理解し、必要に応じて方向転換し、一貫して革新に取り組むことができました。

データカルチャーを促進することは、組織の各個人が最も複雑なビジネス課題にも取り組める態勢を整えます。データカルチャープレイブックは、データを使ったレジリエンスの構築を従業員から始めたいと望む経営幹部やデータリーダーを対象としています。


プレイブックの利用方法

データカルチャーを形作る行動と考え方の基盤を築く方法について、4 つの重点分野から解説します。


第 1 章: リーダーシップのメトリクス (指標) をビジネスの優先事項を基に決定する


第 2 章: 重要な意思決定ポイントに対処するためのデータソースを構築する


第 3 章: 特定の使用事例で価値を高める


第 4 章: 広範にわたるデータディスカバリを促進する


各分野について、これらの機能を構築、実行する方法、および準備が整った時に、データドリブンな機能を拡張し、成熟させる具体的な方法について説明します。

データ主導型組織、つまり最も成功したデータカルチャーを持つ企業が、より多くのメリットを得ています。

41% のアイコン

データ認識レベルにとどまる企業と比較して、市場投入までの製造パフォーマンスが 41% 向上。

89% のアイコン

データ採用段階の企業と比較して、顧客の維持および獲得が 89% 改善。

45% のアイコン

データ認識レベルにとどまる企業と比較して、従業員の定着率が 45% 改善。