あともう少しです!

フォームへの記入は約 15 秒で終わります。すでに登録している場合は、サインインしてください。

データカルチャープレイブック

データファーストのマインドセットで組織の可能性を広げるために

プレイブックを入手

データはもはや単に競争力ではなく、組織の健全性、そして多くの場合、存続に不可欠です。


現在も続く課題や景気の低迷により、リーダーとラガード (後れをとっている組織) の差は広がりつつあります。データ主導型企業は確固としたデータカルチャーを持ち、企業文化の骨組みにデータと分析を積極的に組み込んでおり、その実行を支えるプログラムやテクノロジーへの投資をためらっている企業より高い業績を挙げています。しかしパンデミック以前もこうしたデータドリブンな企業はメリットを享受しており、必要に応じて方向転換できていたため、安定の時期でも変化の時期でも優れた競争力を維持していました。

データカルチャーを育成することで、極めて複雑なビジネス上の課題への取り組みに必要なインサイトを、組織の各個人が得られるようになります。データカルチャープレイブックは、まずは従業員からデータで可能性を広げてデータの価値を完全に引き出したいと望む、経営幹部やデータリーダーの方々を対象としています。


プレイブックの利用方法

データカルチャーを形作る行動とマインドセットの基盤を築く方法について、次の 4 つの重点分野から解説します。


第 1 章: リーダーシップのメトリクス (指標) をビジネスの優先事項を基に決定する


第 2 章: 重要な意思決定ポイントに対処するためのデータソースを構築する


第 3 章: ターゲットを絞った使用事例を通じて価値を高める


第 4 章: 広範にわたるデータディスカバリを促進する


各分野について、これらの機能を構築、実行する方法、および準備が整った時に、データドリブンな機能を拡張し、成熟させる具体的な方法について説明します。

データ主導型企業の経営幹部はデータの力を活用、理解しており、行動とマインドセットを共有しています

83% Icon

83% の CEO がデータドリブンな組織を希望

87% Icon

87% の CxO がインテリジェントな企業であることは最優先事項だと回答

74% Icon

74% のリーダーが意思決定にデータは必要だと回答