Coming Soon

Tableau 10

Tableau では、より高速で使いやすく快適な製品を目指して改良を続けています。
ここでは、Tableau 10 で開発中の新機能を紹介します。なお、ここで紹介する機能は製品リリース時に変更されることがあります。

ベータプログラムに参加する


Tableau 10


データ
  • クロスデータベース結合
  • Google スプレッドシートコネクタ
  • QuickBooks Online コネクタ
  • Marketo コネクタ
  • Cisco Information Server コネクタ
  • MemSQL コネクタ
  • Kognitio コネクタ
  • ワイルドカードユニオン
  • 抽出失敗時の通知
  • Tableau Online 同期
モバイル
  • Android
  • デバイスデザイナー
  • モバイルデバイス管理
  • スムーズなサインイン
分析
  • クラスタリング
  • 地域区分のカスタマイズ
  • クロスデータソースフィルター
  • ハイライター
  • 棒グラフの改良
  • 円形選択ツールの距離単位
  • 地図データの更新
  • Dato 予測サービス
  • グループを使った計算
  • 表計算の改良
  • 詳細レベルのディメンション
Web
  • Web 作成
  • データソース分析
  • リビジョン履歴
  • パブリッシュのフロー
エンタープライズ
  • 他のユーザーのサブスクライブ
  • JavaScript API の改良
  • REST API の改良
  • Web データコネクタ 2.0
  • ETL の更新
  • ドキュメント API
  • ライセンス管理
  • Tableau Server がサイトで SAML をサポート
  • Tableau Desktop からのオンデマンド接続
  • ブラウザのパフォーマンス向上
美しさ
  • 新しいルック & フィール
  • 新しい既定設定
  • ワークブックの書式設定
  • シームレスなタイトル

美しいデザイン

新しくなったルック & フィール、美しく Viz を作成する既定設定、操作性を一新した書式設定で、ビジュアライゼーションのインパクトがさらに向上します。

美しさの追求

[ベータ版でテストできます]Tableau 10 ではアイコン、フォント、色を一新。すっきりとした美しいキャンバスで分析を行えます。新しいデザインの詳細をご覧ください

新しくなったワークブックの既定設定

[ベータ版でテストできます]ワークブックの既定の設定が一新され、フォントのスタイルとサイズ、線の太さと色、凡例の背景色が変わります。データのストーリーが明確に伝わる美しいビジュアライゼーションを作成する際に、どのように役立つかをご覧ください

ワークブックの書式設定

[ベータ版でテストできます]ワークブック全体のフォントスタイルを、ワンクリックで簡単に変更できます。ワークブックの書式設定に関する詳細をご覧ください。

シームレスなタイトル

[ベータ版でテストできます]タイトルがビジュアライゼーション内にシームレスに表示されます。

モバイル機能の強化

さまざまなデバイスで使える Tableau。今度は Android にも対応します。

Android

[リリース済み]皆様のご要望にお応えし、Tableau Mobile が Android スマートフォンで利用できるようになりました。すぐにこちらからダウンロードできます。

デバイスデザイナー

[ベータ版でテストできます]Tableau 10 では、1 つのダッシュボードをデザイン、カスタマイズ、パブリッシュすることで、タブレットおよびスマートフォンに最適化されたビューを利用できます。デバイスデザイナーの詳細をご覧ください

モバイルデバイス管理

[ベータ版でテストできます]AirWatch と MobileIron をサポート。組織全体に Tableau Mobile を導入できます。

スムーズなサインイン

[ベータ版でテストできます]iOS 版 Tableau Mobile からの Tableau Server へのサインインと接続状態の維持が簡単になりました。

データ接続での進歩

新しいコネクタとデータ準備機能の改良で、データの接続と準備にかかる時間が短縮されます。

クロスデータベース結合

[ベータ版でテストできます]SQL Server や Oracle など異なるデータソースのデータを結合する、データソースの統合が可能です。また、統合したデータソースの Tableau データ抽出を作成して、パブリッシュすることもできます。この機能の詳細をご覧ください

Google スプレッドシートコネクタ

[ベータ版でテストできます]Tableau Desktop から直接、データソースとして Google スプレッドシートに接続できるようになりました。この新しいパワフルなコネクタの利用方法については、ブログ記事ビデオをご覧ください。

QuickBooks Online コネクタ

[ベータ版でテストできます]QuickBooks Online コネクタを使って、直接 Tableau で会計データを可視化できます。

ユニオンの改良

[ベータ版でテストできます]ディレクトリ内にある、すべてのファイルとワークブックを自動的にまとめます。ワイルドカードを使えば、どのデータをユニオンに含めるかを制御できます。ユニオンの更新の詳細をご覧ください

分析から答えを引き出す

新しいビジュアル分析機能が誕生。地域区分のカスタマイズ、データソースにまたがるフィルタリング、重要なデータのハイライトが可能になります。

クラスタリング

アナリティクスペインから、ドラッグ & ドロップでクラスタ分析を実行できます。パターンの把握とデータのグループ化で活用できます。

地域区分のカスタマイズ

[ベータ版でテストできます]Tableau 10 では、地域区分をカスタマイズしてデータをより深く理解することができます。販売地域の地図を作成したり、データを地域ごとに分析したりする様子をご覧ください

クロスデータソースフィルター

[ベータ版でテストできます]パラメーターやフィルターアクションを使う必要はもうありません。クロスデータソースフィルターを使えば、ワークブック内にある複数のデータソースに 1 つのフィルターを適用できます。その様子をご覧ください

ハイライター

[ベータ版でテストできます]関連する特定のデータをすばやく見つけてハイライトすることができます。ハイライター機能を使ってアドホックな比較を行うこともできます。この機能の詳細をご覧ください

Web でできることがいっそう多彩に

Web 上のダッシュボード作成とリビジョン履歴により、Tableau の使いやすさが向上します。

Web 作成

[ベータ版でテストできます]Web でできることが広がります。ブラウザで、パブリッシュ済みのデータソースを追加したり、ダッシュボードを作成したりできるようになりました。これらの新機能の詳細をご覧ください

データソース分析

[ベータ版でテストできます]データソースの分析により、組織内で人気のコンテンツがわかります。データソースの利用状況を一目で確認できるほか、最もよく使うデータソースをお気に入りに登録することもできます。

リビジョン履歴

[ベータ版でテストできます]ワークブックやデータソースのリビジョン履歴をワンクリックするだけで、以前のバージョンにロールバックできます。また、Tableau Server のサイト設定のページから、保存する履歴数を制限することも可能です。ワンクリックで利用できるリビジョン履歴の詳細をご覧ください

パブリッシュのフロー

[ベータ版でテストできます]パブリッシュのフローが改良され、さらに短時間でワークブックやデータソースをパブリッシュできるようになり、設定できる項目も増えました。パブリッシュのフローの改良に関する詳細をご覧ください

広がるセルフサービス

強力な機能で、エンタープライズでのスケーラブルな導入を支援します。

他のユーザーのサブスクライブ

チームと簡単にダッシュボードを共有できます。ワンクリックで、他のユーザーをダッシュボードにサブスクライブすることが可能です。

Tableau 10 で予定されている機能の一覧をご覧ください。 リリース前の機能とサービスはいずれも現時点で利用できないものであり、予定通りに提供されない場合や一切提供されない場合があります。現時点で利用可能な機能に基づいて購入を検討してください。