メタデータが使えない4つの理由

ホワイトペーパーをダウンロード

無料ホワイトペーパー

メタデータの重要性はこれまでになく高まっています。 しかし、多くのシステムでは、いまだに低速かつ柔軟性のない方法でメタデータを扱っています。 メタデータについての考え方を変

メタデータの重要性はこれまでになく高まっています。新しい技術により、アナリストとしての経験がないビジネスマンでも、データを操作できるようになりました。ITを一般消費者向けにするということは、システムを、特別な訓練がほとんど不要な、直感的に操作できるようにするということです。大勢の人がありとあらゆる意思決定をサポートするためにデータを使用する現在、データを説明して定義し、理解してもらうことが重要な意味を持ちます。
しかし、多くのシステムでは、いまだに低速かつ柔軟性のない方法でメタデータを扱っています。このような方法では、ビジネスインテリジェンスソリューションの柔軟性が低下し、最終的にはセルフサービス分析を展開する利点も減ってしまいます。メタデータについての考え方を変えることによって、企業は、保有するデータをすばやく簡単に把握できるようになります。
このホワイトペーパーで、メタデータが使えない4つの理由への対処法をご覧ください。

  1. 事前のメタデータの定義に時間がかかりすぎ、展開が遅くなる
  2. メタデータは、IT担当者が期待するほど柔軟ではない
  3. 分析の途中でメタデータを発見できない
  4. メタデータは、ユーザーの助けになるどころか、足手まといになる
ホワイトペーパーを今すぐダウンロード

インストールからたったの 30 分ですぐ使いこなせます。データの可視化でよく使う操作が直感的にできるので他と差をつけたい方はぜひ!

Tableau について

Tableau は、次にとるべきアクションにつながるインサイトを、お客様がデータから引き出せるように支援しています。ビジュアル分析によって、制限なくデータを探索できます。ダッシュボードを作成し、数回のクリックでアドホックな分析を実行できるようになります。分析は誰とでも共有でき、大きなインパクトをビジネスにもたらすことができます。グローバルな大企業から、中小企業やスタートアップまで、あらゆる場所で多くのお客様が Tableau を使いデータを見て理解しています。



取り上げられました