効果的なダッシュボードを作成するための 10 のベストプラクティス

情報量が豊富で説得力のある、パワフルなダッシュボードの作成

無料のホワイトペーパーをダウンロードしてご覧ください

優れたダッシュボードに出会うと、今まで何故それを使わずにやってこれたのか、わからなくなるものです。なぜでしょうか? それは、綿密に設計されたダッシュボードこそが、分析の基盤となるからです。同じ情報量でも、すべての情報源を 1 つにまとめて管理すれば、より速やかにビジネスの意思決定を下すことができます。

このホワイトペーパーでは、以下の内容を説明します。

  • 慎重に計画を行うと、ダッシュボードユーザーのニーズや、最適な表示サイズをよく理解できるうえ、適切な設計を施してデータの読み込み速度を高めることができます。
  • 情報に基づいてデザインすることが大切です。人の視線を集めやすい位置 (スイートスポット) を意識し、ビューや色の数にも気を付けながらインタラクティブ性の高いダッシュボードを作れば、ユーザーもデータ探索がスムーズに行えます。書式も適切に設定しましょう。
  • ダッシュボードを洗練しましょう。特にツールヒントは丁寧にチェックし、必要に応じて修正する必要があります。また、伝えたいことのストーリーを強調して、不要なものは取り除きましょう。ダッシュボードのテストを積極的に行うことも大切です。
ホワイトペーパーをダウンロードする

その他のリソース

Tableau のダッシュボードとストーリー入門トレーニング

Tableau のダッシュボードやストーリーの基本的な概念を学べる無料トレーニングビデオです。より優れたレイアウトの作成、デバイスデザイナーの効果的な使用、インタラクティブなアクションの作成、ストーリーポイントの作成のためのスキルを身につけることができます。

ダッシュボード作成のアドバイス

ダッシュボードは、特定のデータセットのインサイトを伝えるのに最適なツールです。しかし優れたダッシュボード、つまり本当に情報量が豊富で実用的なダッシュボードを作成するには、キャンバスに全インサイトを詰め込むだけでは足りません。

プロジェクトやデータクリーンアップのイニシアチブがどの程度うまくいっているかに加え、将来的には、データ品質の観点から成果をモニタリングするにあたり、彼らにとって Tableau のダッシュボードは最適なツールになっています。 なくてはならないものになっています。

Tableau について

Tableau は、次にとるべきアクションにつながるインサイトを、お客様がデータから引き出せるように支援しています。ビジュアル分析によって、制限なくデータを探索できます。ダッシュボードを作成し、数回のクリックでアドホックな分析を実行できるようになります。分析は誰とでも共有でき、大きなインパクトをビジネスにもたらすことができます。グローバルな大企業から、中小企業やスタートアップまで、あらゆる場所で多くのお客様が Tableau を使いデータを見て理解しています。



取り上げられました