5 Steps to Self-Service Analytics that Scales

Get the Whitepaper

Free Whitepaper

Learn the five steps to ensure safe, secure, and governed results.

The data revolution is here. And self-service analytics is a given.

When the business wants access to raw data, it can be disruptive. Self-service business intelligence challenges the traditional BI methodology and forces IT to take a new approach to analytics.

The modern approach is simple. It’s about IT and the business partnering to deliver self-service data access at scale. It allows secure and governed data to flow into the organization through IT. And it empowers the end user with the software to explore their data.

At its core, Tableau was built to help people easily connect to, visualize, and analyze their data to find insights faster. They can then securely share and collaborate across their organization. This approach provides significant value and is quickly making self-service BI the new normal.

Ready to take the modern approach?

Here are five steps to ensure safe, secure, and governed results.

Download the Whitepaper Now

私たちはセルフサービス型モデルを必要としていました。IT 担当者は、レポートライターになりたいと望んでいるわけではなく、また、そうなるべきでもありません。IT の観点から、Tableau なら本来の使い手、つまりデータを使用し、データを知るユーザーの手に委ねることができます。

Tableau について

Tableau は、次にとるべきアクションにつながるインサイトを、お客様がデータから引き出せるように支援しています。ビジュアル分析によって、制限なくデータを探索できます。ダッシュボードを作成し、数回のクリックでアドホックな分析を実行できるようになります。分析は誰とでも共有でき、大きなインパクトをビジネスにもたらすことができます。グローバルな大企業から、中小企業やスタートアップまで、あらゆる場所で多くのお客様が Tableau を使いデータを見て理解しています。



取り上げられました