私たちはデータの力を信じています。テクノロジーの進化は様々な可能性を生み、現在、より多くの人々がデータへのより良い、広範なアクセスを享受し、利用するようになっています。

毎年、Tableau では今後を見据え、分析の将来と人々によるデータの利用方法を形作る主要トレンドを分析してきました。そして毎年、私たちはデータと、私たちを取り巻く世界環境の向上に向けたデータの利用との関係の発展にかかわる興味深いヒントを見つけています。テクノロジーを使って従業員の生産性を高め、技術エキスパートとの連携を促す環境を作るという点で、組織の対応はどんどん向上していることが見て取れます。文化的な転換は、組織がデータをより効果的に使用することを学ぶ方法を変化させています。各組織が、データの使用に関する組織の責任についても検討しているためです。また、個人および組織のレベルで不平等を割り出し、問題提起するするうえでもデータが使用されています。

データに対する適切な姿勢と、ツール、プロセスがあれば、データはビジネスのあらゆる分野で利用可能です。今年、組織での分析によるインパクトを主導すると思われる 6 つの主要トレンドは以下の通りです。

  1. データリテラシー: 組織は教育機関をデータリテラシーインキュベーターとして位置づけ
  2. 人工知能: AI は抽象的な概念から実用化可能な技術に変化
  3. データを使ったストーリーテリング: パーソナライズされたデータストーリーが今後の主流に
  4. データの公平性: 職場のデータの透明性の確保が公平性と組織の成功につながる
  5. データカルチャー: 経営幹部全体に求められるデータの説明責任
  6. データ管理: IT 部門と企業の調和を推進するデータ統合

これらの各トレンドに関する考察や調査、カスタマーストーリーについての詳細は、2020 年データトレンドレポート全文をご覧ください

また、ウェビナーに登録して、これらのトレンドが 2020 年とその後の組織にどのように影響を与えるか、エキスパートによる解説をお聞きください。

ブログの更新情報を受け取る