最新バージョンの Tableau (2019.2) のベータ版がリリースされました! この最新バージョンではデータでストーリーを操作して伝える方法を強化しています。以下がそのハイライトの概要です。

  • ベクターマップ—Tableau プラットフォーム全体でマップをこれまでよりもスムーズかつ鮮明に表示することができるようになり、すぐに使える新しいマップスタイルとレイヤーも用意されています。
  • パラメーターアクション—皆様の声に応えて用意しました。Viz のマークを操作するだけで、パラメーターの値を視覚的に変化させることができるようになりました。早速、この機能を活用し、まったく新しいインタラクティブ機能をダッシュボードに追加してください。
  • 新しくなった「データに聞く」機能—Tableau 2019.2 では、「データに聞く」機能が大幅にアップデートされています。計算をその場で追加して、これまでよりも素早く答えを得たり、自然言語だけでヒートマップを作成したりすることができます。

注目の新機能をいくつか詳しくご紹介しましょう。

ベクターマップで、これまでとは違う地理空間データの探索と分析を実現

ベクターマップを使用すると、Tableau でパン、ズームイン、ズームアウトして地理空間データを探索する際に、これまでよりもスムーズかつ鮮明にマップを表示できるようになります。[暗い]、[標準]、[薄い] といった既定のマップスタイルがアップデートされ、まったく新しいスタイルの [ストリート]、[サテライト]、[アウトドア] も選択できます。また、地理空間データに地下鉄や電車の駅、建物の専有部分、地形や水域のラベルなど、実際の地図情報をこれまでよりも細かく表示できる背景用の新しいマッピングレイヤーも導入しました。さらに、Tableau で American Community Survey (ACS) の調査データが利用できるように更新され、分析に人口統計データを取り入れやすくなりました。今回のベータ版でマッピングをぜひお試しください。

サンフランシスコのベクターマップ

パラメーターアクションで創造的な分析を実現

創造的な分析の可能性が広がり、データをどのように見るかをエンドユーザーが選択できるようになります。パラメーターアクションを使用して、パラメーターの値を視覚的に変化させることができるようになりました。操作は簡単ですが、とても強力な機能です。Viz のマークを操作することで、リファレンスライン、計算、フィルターのほか、SQL クエリをコントロールすることができます。下の例では、データパラメーターを使用して、基準日 (ここでは購入日) を決定しています。パラメーターアクションを使用することで、タイムライン上の異なるポイントをクリックすると、ビューに表示される株価の騰落率が決まります。これは、パラメーターアクションで実現できるインタラクティブ機能の一例です。

パラメーターアクションのアニメーション動画

パーソナライズされたコンテンツにアクセスしやすい Tableau の新しいコンテンツ表示

Tableau Server や Tableau Online で気になるコンテンツを見つけやすくなります。ホームページが新しくなり、サインインするとパーソナライズされたコンテンツが表示されます。左の新しいナビゲーションでお気に入りや最近表示したダッシュボードに素早くアクセスしたり、人気のビューから新しいコンテンツを見つけ出して、Tableau Server でのトレンドを把握したりすることができます。左に表示されるナビゲーションはベータ版でお試しいただけます。新しいホームページは間もなく完成予定です。

Tableau のコンテンツ表示環境

さらに効率化した作成機能でダッシュボードをカスタマイズ

皆様の声に応え、今回のリリースでは、以下の作成機能が改良されました。ダッシュボードの作成にかける時間を短縮することができるので、インサイトを見つけ出すのにもっと時間をかけることができます。

リファレンスラインのツールヒントのカスタマイズ
リファレンスラインのツールヒントをカスタマイズすることができるようになりました。ツールヒントのテキストを編集したり、ツールヒントを完全に無効化したりすることができます。

リファレンスラインのツールヒントのカスタマイズダッシュボードのコンテナーの表示/非表示
ダッシュボードの浮動コンテナーの「表示」と「非表示」を切り替える機能も追加されました。不要になった説明、フィルター、凡例を非表示にすることで、表示領域を最大限に広げ、表示するコンテンツビューアーを効率化することができます。

ダッシュボードのコンテナーの画像ワンクリックでのワークシートの置き換え
時間のかかるダッシュボードの調整や修復の作業とも、ついにお別れです。Tableau 2019.2 では、ダッシュボードにある既存のワークシートをシートのリストにある新しいワークシートにワンクリックで置き換えることができます。ダッシュボードのスペース設定、大きさ、アスペクト比はすべて引き継がれるため、より素早く正確にダッシュボードを作成できます。

ワークシートの置き換え方法を紹介するアニメーション動画

新しい会話形式の操作が使える「データに聞く」機能で、より高度な質問が可能に

「データに聞く」機能はリリースされたばかりですが、すでに改良を重ね、Tableau 2019.2 では、大幅にアップデートされました。最新版では計算をその場で追加することができます。データソースに組み込む必要はありません。たとえば、「Avg Sales/Avg Profit (平均売上/平均利益)」と入力し、Enter キーを押すと、「データに聞く」機能が自動でメジャーの割り算を実行してくれます。

ユーザーインターフェイスもベータ版で新しくなり、さらに使いやすくなった会話形式での操作でデータを掘り下げることができます。たとえば、リクエストを入力するだけで、すでに質問した文章を自動で置き換えてくれます。「average sales by state (州ごとの平均売上)」を「average profit by state (州ごとの平均利益)」に変更するには、「replace sales with profit (売上を利益で置き換える)」と入力するだけです。残りの処理は「データに聞く」機能が引き受けてくれるので、新しい質問を考えながら簡単に質問を繰り返すことができます。これらの機能強化によって、高度な内容でも、自然な話し言葉でいつでも簡単に質問することができます。

「データに聴く」機能のアニメーション動画

Tableau Server の概念実証のハードウェア要件の変更

Tableau Server に組み込まれている優れた機能をすべて利用していただけるように、Tableau Server 2018.2 以降の概念実証を導入するのに必要なハードウェアの最小要件を、2 コアおよび 8 GB の RAM から 4 コアおよび 16 GB の RAM に更新しました。詳細については、こちらのブログ記事を参照してください。

最新製品の開発にご協力ください

Tableau では Tableau 2019.2 の正式リリースに向けて鋭意準備を進めていますが、そのためにも皆様のフィードバックが必要になります。これらの新機能についての問題を特定し、最高の品質を実現するために、フィードバックをお寄せください。ベータプログラムの進捗に伴い、ベータ版および Tableau 2019.2 の最終版に含まれる機能は、随時変更される場合があります。

次の内容にご興味がある場合は、Tableau プレリリースコミュニティにどうぞご参加ください。

  • アルファプログラムとベータプログラムに参加して、新しい機能やバージョン、製品を早い段階で試す
  • ユーザー調査、製品に関するディスカッション、関心があるトピックに対するフィードバックを通じて、Tableau の開発チームと直接コミュニケーションを取る

アイデアフォーラムでは、皆様のフィードバックが製品でどのように反映されているかをご覧いただけます。開発チームがお客様の声に耳を傾けておりますので、機能のリクエストを今後もどうぞお寄せください。お客様あっての Tableau です。

上記の機能のすべてが現在のベータプログラムでご利用いただけるわけではありません。一部の機能は、今後、数週間以内に追加される予定です。ベータプログラムは、すでに Tableau をお使いいただいているお客様を対象として実施されます。現在有効なサブスクリプションまたは保守ライセンスをお持ちのお客様は、Tableau 2019.2 のリリース時に無料でソフトウェアをアップグレードできます。

こちらもご覧ください

ブログの更新情報を受け取る