この記事は、以前に CIO (英語) に掲載されたものです。

数ある画期的なテクノロジーの中でも、クラウドほど多くの話題と混乱をもたらしたものは、あまりありません。企業はクラウドのセキュリティとパフォーマンスに懸念があり、インフラストラクチャの制御を他社に委ねることに不安を覚えています。しかし、それでもクラウドの急速な導入は留まることを知らず、小さな組織でも国際的な大企業でも、自社のインフラストラクチャやソフトウェアを部分的に、あるいはすべてクラウド化する動きが進んでいます。­

実際に、クラウドはオンプレミスのハードウェアに比べてコストが低いため、クラウド導入の増加の理由にコストが挙げられるのは間違いありません。クラウドは使用するリソースに対してのみ料金を支払うため、コスト効果が高い一方、クラウドを導入した企業が 2 度と元のシステムに戻らないのには、コスト以外にも 3 つの主な理由があります。

速やかに導入できる

CRM ソリューションのようなエンドツーエンドテクノロジーの導入にかかる時間を考えてみましょう。企業はまず、すべての導入ソリューションの調査を行う専門調査チームを作り、ソリューションをサポートする適切なハードウェアを購入し、導入と管理を専門に行うチームを用意する必要があります。会社の成長と共に、スケーラブルなシステムを維持するために、これらの骨折り作業を何度も繰り返さなければなりません。

クラウドの場合、プラットフォーム CRM、データウェアハウス、さらに分析プラットフォームのすべてを、ほぼボタン 1 つで導入することができます。ハードウェアの設定やシステムのメンテナンス、物理的なサーバーのアップグレードに時間を費やす必要がありません。これにより、企業が膨大な時間とリソースを費やすことなく世界クラスのインフラストラクチャやエンタープライズクラスのセキュリティを利用でき、信頼性の高いテクノロジーを導入することが可能になります。企業はよく障害に備えて同じ内部システムをいくつも構築し、膨大なリソースを費やすことがありますが、クラウドではこれが簡単に、そして通常無料で行えます。

柔軟性とスケーラビリティ

ビジネスには予想のできないアクシデントが付き物であり、こうした不確定要素が、インフラストラクチャの管理をますます難しくしています。ハードウェアの追加注文と導入には非常に時間がかかるため、企業は容量管理をするための専門のチームを用意しなければなりません。一方クラウドは、ビジネスの変化に応じてスケールアップ・スケールダウンできるため、これらの問題をすべて解決できます。また、予期せぬ需要の増加に合わせてインフラストラクチャを慌てて追加導入する必要もありません。

さらに、クラウドを使っている企業はビジネスの形態や規模を自由に発展させていくことができます。もちろん数多くのテクノロジーも活用できます。クラウドなら、企業は以前購入したオンプレミスのソリューションに縛られることなく、データサービス、ストレージオプション、オペレーティングシステムなどを、様々な選択肢から選べます。ニーズが変わっても、新しいサービスを使い始めた時と同じようにボタン 1 つでクラウドサービスを簡単に乗り換えることができます。

未来のテクノロジー

CRM、マーケティングの自動化、データ分析などの従来のテクノロジーソリューションが、上記の 2 つの理由でオンプレミステクノロジーからクラウドへと移行していく中、クラウドでは未来型のテクノロジーが着々と構築されています。

データサービスや分析ツール、さらにはストレージソリューションまで、日々新しいテクノロジーがクラウドで開発され世界にリリースされています。旧型のソリューションといえば、相互運用性のないプラットフォーム上に構築され、柔軟性の低いハードウェア上で実行され、ファイアウォールの内側でしか機能しないというイメージがありますが、これから時が経つにつれ、既存のレガシーソリューションと新しいクラウドテクノロジーを統合する企業はますます少なくなっていくでしょう。

クラウドのインフラストラクチャやソフトウェアを採用している企業は、次々と生まれる革新的な技術を採り入れていく体制が整っていると言えます。従業員は、どんなに困難なビジネス課題でも果敢に取り組んでいけるでしょう。

また、クラウドはセキュアであると同時に場所を問わず利用できるため、例えば営業チームはオフィスから電話をかけたり、モバイルデバイスを利用して病院に医薬品を売り込んだりできます。

今日の企業には、スピーディなイノベーション、変化に対する即応力、より確かな信頼性が求められています。クラウドと統合すれば、未来に通用する競争力がつけられます。

こちらもご覧ください

新規コメントの追加 

ブログの更新情報を受け取る